Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > NPOマーケティングプログラム 実践研修第1回(合宿研修)を開催

英語ブログ

NPOマーケティングプログラム 実践研修第1回(合宿研修)を開催

mk120609a.jpgNPOマーケティングプログラムの実践研修第1回(合宿研修)を2012年6月9日~10日、2日間に渡り実施しました。
「実践研修」は、4~5月に開催した「基本研修」参加13団体から選ばれた8団体を対象にするプログラムで、各団体の個別課題への解決に、よりフォーカスしていきます。課題実施・プレマーケティング・個別相談を繰り返しながら、マーケティング施策の立案と実行チームの体制を強化していきます。

■参加8団体
1.ICYE JAPAN
2.エーピーエスディ(APSD)
3.Grow As People
4.全国不登校新聞社
5.「育て上げ」ネット
6.ひらかた市民活動支援センター
7.ブラストビート
8.マドレボニータ

神奈川県の三浦海岸で行われた今回の1泊2日の「実践研修第1回」は、参加団体、サポーター、先輩団体、講師および事務局含めて、総勢60名あまりが参加する大規模な合宿となりました。

mk120609b.jpg【合宿1日目】
(1)チームビルディング・アクティビティ:「マホロバツリー」チャレンジ
パスタとマシュマロ、マスキングテープ等を使って、制限時間(15分)内でできるだけ高い自立型のツリーを製作。
ペアになった団体のどちらか一方がまずツリー製作に挑戦し、もう一方の団体やサポーター、講師はツリー製作の様子を観察し、団体内のコミュニケーションのパターンや、意思決定の癖などを明らかにしてフィードバックします。
狙い通り、団体ごとに色濃く特徴があり、自分たちの意思決定スタイルがどんなものなのか、深く振り返る良い機会になりました。

mk120609c.jpg(2)ブラッシュアップに向けて:4P/4Cの振り返り
「非営利活動のためのDoTankミエルカ」代表の近内健晃講師が、「企画の計画・実行に必要なことの具体的イメージ」をもち、「企画をブラッシュアップさせる」講義を行いました。
4P/4Cにおける大切なポイントの振り返り。3つのマーケティング志向(論理志向、顧客志向、価値志向)をきちんと押さえて、「なんとなく」ではなく、しっかりとした根拠を持った施策立案を行うことの大切を改めて振り返りました。

mk120609d.jpg(3)先輩団体の事例発表とディスカッション
■ケースディスカッション[1] NPO法人CFF
2010年に参加したNPO法人CFF(Caring for the Future Foundation Japan)が事例発表をしました。世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」のための事業を行っています。
CFFが当時取り組んだのは、「CFFマレーシア事業の支援基盤づくり」。『「子どもの家」応援団Thank you!プロジェクト!』を主軸として2008年に開設されたばかりの現地法人CFFマレーシアを支援するべく、その支援基盤をつくるための施策を立案しました。
研修終了後も継続したこの施策は、立案をしていったプロセスの詳細の解説だけでなく、施策実施後の評価から、ターゲットの再設定をしたというエピソードまで、実際に使用している分析指標や、細かくターゲットを重層的に分析した内容を示しながら説明しました。

mk120609e.jpg■ケースディスカッション[2] NPO法人キズキ
2011年のNPOマーケティングプログラムに参加したNPO法人キズキが事例発表しました。不登校・引きこもり・中退などを経験しながらも「もう一度勉強したい方」のための塾「キズキ共育塾」などの事業を行っています。
当時掲げた課題は「中退・引きこもり等の若者向け受験支援事業の顧客獲得」でした。現状をしっかり分析することで、自団体の強みを再認識したこと、その上で顧客について知るために「経験者」である講師と保護者にヒアリングなど、自分たちが徹底的に行った施策内容についての話がありました。
顧客価値をアピールするようにウェブサイトを改訂することや、講師の経験をしっかり振り返る機会を持ち、退塾を防ぐマニュアル作成などのフォローアップ体制を作り上げたり、問い合わせ対応では、問い合わせから入塾までのプロセスをステップ毎にどういう対応をしてどういう結果がでたのかを記録をとり分析した話など、他の団体でも応用できる話が盛りだくさんでした。

それぞれ特徴のある2つの団体の話を聞いた中で共通していたのは、自団体、それを取り巻く状況(事実)の整理・分析をして、出てきた「仮説」を何度も検証する、というプロセスを大切にしていた点でした。

これらの事例紹介を振り返りながら、改めて自団体の企画のブラッシュアップを進めました。

mk120609f.jpg【合宿2日目】
(1)NPOのマーケティングマネジメント
アミタ株式会社の渡邉文隆講師が、「NPOマーケティングマネジメント」について先輩団体から事例を共有してもらうパネルディスカッション形式の講義を行いました。
立案した施策で成果がでるかどうかは「計画したことをやりきることができるか」。より早く決めて、行動に移していくことに重点を置き、今回の合宿終了後、プレマーケティングを実行できるよう目標・計画・体制の作り方などを学びました。

mk120609g.jpg2日目の先輩団体は、CFFとキズキに加え、エイズ孤児支援NGO・PLASの門田さんが参加。
■ケースディスカッション[3] エイズ孤児支援NGO・PLAS
2010年のマーケティングプログラムに参加したPLASが当時抱えていた課題は、「寄付が必要!」ということでした。現状分析を行って初めて、「寄付の種類、機会が少ない」、「寄付プロモーションのコンテンツ不足」という具体的な課題が見えてきます。
ターゲットの設定を行うため、既存の支援者層を詳しく分析した結果、「20~30代へのアプローチ」を自団体の強みとして発見することができました。施策を行う課程で、自団体のミッションの見直しも行ったという体験談など、企画をブラッシュアップしている参加団体の刺激になる内容が盛りだくさんでした。

mk120609h.jpg■ケースディスカッション[4]   先輩3団体パネルセッション
「NPOマーケティングマネジメント」に関するトピック毎に、先輩3団体の経験談を共有しました。
渡邉講師からの問いかけは、「組織を運営するに当たって気をつけていること」、「スタッフのモーチベーション維持とスケジュール管理」について。
会場からの質問は、「インターンやボランティアの管理」、「会議などの意思決定プロセス」、「効果測定と記録」について。

最後に、施策実施にあたってのマネジメントで大切なポイントとして、測定可能・達成可能な目標を意識して立てることの重要性について、話がありました。

mk120609i.jpg(2)企画ブラッシュアップ&プレゼンテーション
2日間の講義やセッションでつかんだヒントも参考に、自分たちの団体にとっての最適解となる施策のブラッシュアップを行いました。講師や先輩団体、サポーターも加わり、各団体の企画をブラッシュアップしていきました。

合宿の最後は、立案した企画内容を各団体が発表。抜本的な取組みに立ち返った団体もあれば、当初の予定よりも絞り込んだ施策実施を決めた団体など、それぞれの団体の抱える課題に合わせて真剣な議論が行われたことが伺えました。

今後、各団体はブラッシュアップした企画についてプレマーケティングを実施し、「実践研修第2回」に向け、プレマーケティングの結果(実施内容、実施結果、実施の結果を受け手の施策改善の考察)をまとめ、企画内容を固めていきます。

 ※詳しい内容は詳細レポートをご覧ください
  ⇒NPOマーケティングプログラム 2012ブログ「実践研修第1回」
  ⇒実践研修第1回のツイートまとめ

■関連情報
NPOマーケティング プログラム 第2回基本研修を開催
NPOマーケティング プログラム 第1回基本研修を開催
Panasonic NPOサポート マーケティング プログラム (NPOマーケティングプログラム)
NPOマーケティングフォーラム2011 詳細レポート
NPOのキャパシティビルディング支援


ページの先頭へ