Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > ブラジル:エストレマ エコアイデア工場 ELPで地域貢献

英語ブログ

ブラジル:エストレマ エコアイデア工場 ELPで地域貢献

2010100511.png

ブラジルでの大型白物家電の製造拠点、エストレマ工場の開所式と同工場で生産された冷蔵庫2機種の新製品発表会が、9月12日、ディーラー、プレス、政府関係者ら約290人が集まり、ミナス・ジェライス州エストレマ市の同工場にて行われました。エストレマ工場は、ブラジルでは、マナウス、サンジョゼドスカンポスに次ぐ3つ目の拠点であり、ブラジル初のパナソニックブラジルとなります。

              2012100513.png     2012100514.png

パナソニックブラジル 社長の村上さんは、プレゼンテーションの中で、「ブラジル最大の市場であるサンパウロやリオデジャネイロなどに近いこの工場から、ブラジルの人々のライフスタイルにあった商品をよりスピーディーに提案していく。多くのお客様に当社の高い環境性能を体験していただき、No.1環境革新企業への礎を築くとともに、総合電機メーカーとしてのポジションを確立したい」と意気込みを語り、また エコアイデア工場について言及。「限られた資源と、このエストレマのすばらしい自然環境を私たちの子どもやその次の世代にずっと引き継いでゆく為に、生産、販売そして地域社会との活動を通じて自然と共生出来る工場になることです」と、この工場が、パナソニックの環境革新企業を具現化するエコアイディア工場となり、周辺地域の環境保全に貢献することを宣言しました。
 更に、地元の小学生と教師を発表会に招待し、この工場で未来を担う子どもたちを対象とした環境教育が出来る場所を設置していることと、その教材 エコラーニングプログラム(ELP)を紹介しました。 パナソニックブラジルは、美しいエストレマの自然と共存し、生物多様性を保全する工場として、地域の皆さんと一緒に環境の輪を広げていきます。


ページの先頭へ