Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:2017年度キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本) STD特別ワークショップ~埼玉県立小川高等学校~

英語ブログ

日本:2017年度キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本) STD特別ワークショップ~埼玉県立小川高等学校~

オリパラ1.jpg
ブログ用ロゴ.png



図1.png

104() 埼玉県立小川高等学校にてKWN STD2020特別ワークショップを実施しました。
ワークショップ当日の様子をご紹介します。

日 時104() 16:0018:00
場 所:埼玉県立小川高等学校
参加者:同校 放送部8名
指導者:谷野先生

今回は埼玉県比企郡にある埼玉立小川高等学校にてKWN Sharing The Dream 2020STD2020)特別ワークショップを実施しました。
Sharing The Dream 2020(STD2020)は、1校1国応援スタイルで、TOKYO2020オリンピック・パラリンピックに向けた映像作品づくりを進めていくプログラム(特別ワークショップ)で、本プログラムに埼玉県立小川高等学校の放送部がエントリーしてくださいました。

はじめに、KWN事務局担当者と講師から本プログラムの説明と自己紹介がありました。
2017年度の新規校ということもあってか、生徒のみなさんは緊張している様子でした。
今回は、1年生(4名)を中心に取り組むことを決め、2年生がサポートしながら制作を進めることとなりました。

TOKYO2020オリンピック・パラリンピックに向けた映像作品を作るにあたり、オリンピックやパラリンピックについて、スライドや映像資料を見ながら学び、深く知るというところからプログラムはスタートしました。そして、オリンピックのワールドワイドパートナーであるパナソニックならではの大会の舞台裏映像を通し多くの人々が大会に関わっていることを再確認しました。

図2.png

その後、講師は、小川高校放送部のこれまでの活動や、生徒ひとりひとりの目指しているモノ(職業や入部のきっかけ)をヒアリングし、本プログラムへの体制づくりを確認しました。
最後に、本プログラムの11国の応援で担当する国を抽選で決め、小川高等学校はスペインを担当することが決定し、ワークショップは終了となりました。

今後は撮影技術や編集技術を学びながら、本プログラムの映像作品の完成を目指します。

《2016年度の作品はこちらから》
Sharing The Dream 2020(STD2020)

《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ