Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:Panasonicコミュニティコンサート ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル 特別演奏会 in 滋賀を開催

英語ブログ

日本:Panasonicコミュニティコンサート ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル 特別演奏会 in 滋賀を開催

2015NYC1png.png7月23日(木)、今年もアプライアンス社主催によるPanasonicコミュニティコンサート ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル 特別演奏会 in 滋賀が滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 大ホールにて開催されました。
当コンサートはアプライアンス社が地域貢献と次世代育成支援を目的に2010年から開催しており今回で6回目。地元の夏のコンサートとして定着してきています。

コンサートの運営はびわ湖パナソニックファミリー会の皆さんによって毎年行われています。

今年も多くの応募(約2400人)の中から抽選にて選ばれた滋賀県下の小学生から高校生とそのご家族1800名が招待されました。

このコンサートの特徴はニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル(NYSE)のいかにもニューヨークらしい明るく透明で、ハートにしみるような魅力的な演奏を楽しむというだけではなく、地元の子どもたちによる吹奏楽部、合唱団等とのコラボレーションも特色。今年も昨年に引き続き草津市立玉川中学校吹奏楽部との共演が行われました。

第一部の冒頭は玉川中学校の演奏で、佐藤邦宏:2015年度吹奏楽コンクール課題曲「マーチ 春の道を歩こう」、
高橋伸哉:ゴールド・ラッシュ!、近藤裕子/高橋伸哉編曲:ひとつになる-Two Become One-の3曲が披露されました。
「ひとつになる-Two Become One-」は2つの玉川中学校のために~という副題がつけられていて、滋賀県草津市の玉川中学校の生徒たちが、平成23年3月11日の東日本大震災で被災した宮城県塩竃市の玉川中学校のために募金をし、励ましのメッセージを送り続けたことで芽生えた交流が発展、滋賀県草津市在住の筝/十七絃奏者である麻植美弥子氏の委嘱によって作られた作品。作曲・作詞は作曲家、国立音楽大学大学院音楽研究科出身の作曲家、近藤裕子氏によるものです。

引き続きNYSEによりショパン:ポロネーズ 第3番 イ長調「軍隊」 作品40の1、フォーレ:パヴァーヌ 作品50等が演奏されました。

第二部はNYSEの演奏からスタート。
NYSEによりバーンスタイン:ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」よりアメリカ、モーツアルト:交響曲 第40番 ト単調 K.550が演奏されました。

そして当コンサート最大の見せ場であるNYSEと玉川中学校による共演。両者のコラボレーションによりヴェルディ:歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲が演奏され、会場全体が一体となって聞き入っていました。

NYSEと玉川中学校の共演への鳴り止まぬ拍手に対するアンコールは、もう一度ひとつになる-Two Become One-が演奏され、会場の皆で演奏に合わせて歌いました。
そして最後は毎年恒例のエドワード・エルガー:威風堂々が演奏されました。格調高い楽曲で締めくくられ、今年も大盛況のうちにコンサートを終えることが出来ました。


ページの先頭へ