Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > タンザニア:国連開発計画(UNDP)タンザニアにソーラーランタン寄贈

英語ブログ

タンザニア:国連開発計画(UNDP)タンザニアにソーラーランタン寄贈

tannzania.jpgコーポレートコミュニケーション本部 社会文化グループは、国連開発計画(UNDP)タンザニアに対して、ソーラーランタン1,000個を寄贈し、その寄贈式が、4月12日、UNDPタンザニア事務所で行われました。

寄贈式には、パナソニックを代表して、現地法人 パナソニック エナジー タンザニア株式会社(PECTZ)の佐古社長、UNDPからは現地責任者他が出席しました。寄贈式は当初3月17日に予定されていましたが、東日本大震災の影響で延期になっていました。

 

寄贈式では、社会文化グループ 小川GMより東日本大震災に関してUNDPタンザニアからお見舞いと励ましの言葉を受けたことへの謝意が伝えられるとともに、2018年にエレクトロニクスNo.1の「環境革新企業」を目指す当社が、事業活動とともに企業市民活動を通じてもアフリカ等開発途上国における無電化地域の社会課題の解決に貢献し、国連ミレニアム開発目標の達成に貢献していく方針が紹介されました。 また、UNDP責任者からは、今回のソーラーランタン寄贈によりムボラ・ミレニアム・ビレッジの人々の生活が格段に改善され、電気照明の恩恵を村人たちが実感することになるとの旨の謝意が表明されました。

寄贈されたソーラーランタンは、UNDPなどがタンザニア内陸部の町タボラ近郊で運営するムボラ・ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトにおいて、電力のない環境下で暮らす人々に対して、現地の貯蓄融資協同組合を通じて低価格で販売され、活用されることになります。ソーラーランタンの活用により、夜間における子どもたちの勉強や大人の内職が可能となり、ムボラ・ミレニアム・ビレッジに暮らす人々の生活の質の大幅な向上が期待されます。
社会文化グループは今後も、グローバルな企業市民活動の一環として、国際機関などのパートナーと連携しながら、アフリカ等開発途上国の社会課題解決に向けて引き続き取り組んでまいります。



ページの先頭へ