Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:「NPOマーケティング プログラム 2014」企画発表会(第3回研修)を開催

英語ブログ

日本:「NPOマーケティング プログラム 2014」企画発表会(第3回研修)を開催

20140712 タイトル.jpg7月12日(土)に、Panasonic NPOサポート マーケティング プログラム(NPOマーケティング プログラム)の第3回目となる企画発表会を開催しました。これまで参加団体は、6月、7月の2ヶ月間でマーケティングについて学び、外部環境、内部環境を分析して、チーム体制を強化しながらマーケティング施策の実行計画を策定してきました。

今回の第3回研修では、これまでの研修を通じてブラッシュアップしたマーケティング施策について発表しました。

<発表団体/マーケティング施策>
●日本トラベルヘルパー協会/外出支援サービス事業
●シミンズシーズ/ジリツしたシミンが増える会員プロジェクト
●CBすぎなみプラス/3本目の柱 樹立作戦!
●JASH 日本性の健康協会/保健室サポート事業&語り手サポート事業
●ちょうふこどもネット/受託施設(CAPS)を利用した18~29歳の顧客コミュニティ創出のための「お、た、の、し、み事業」

20140712 発表風景(全体).jpg

20140712 加藤さん.jpg各団体の発表後に、今回のプログラムにコンサルタントとして各団体に寄り添っている社会人サポーターから発表内容に関しての質問、アドバイスがあり、プログラム講師の松本先生、プログラムアドバイザーの加藤さんからも各団体に講評をいただきました。

そして全団体の発表後に松本先生から全体総評をいただき、全団体に共通することとして10点のポイントに絞って話がありました。

20140712 全体講評.jpg20140712 前半の振り返り.jpg今日の企画発表会で、今年のマーケティングプログラムの前半部分である集合研修が終わります。企画発表会の締めくくりとして、参加者全員がこの2ヶ月を振り返っての感想を共有しました

<参加者の感想>
●自分達の団体のモヤモヤしていたところにメスが入り、視界が開けいろいろなものがクリアになった感じがします
●「顧客目線」をノイローゼになりそうなほど意識し続けた2ヶ月間でした
●このプログラムを通じて、内外ともにいろいろな人が関わってくれることに気がつきました
●今までは何もできないことに苦しんでいて、今はやるべきことに苦労していて苦しみの質が変わってきました
●未来に向かっていく感じがあって、大変だけど楽しいです

5団体は、これからマーケティング施策の実行フェーズに入り、各団体で施策に取り組みます。そして4ヵ月後の11月29日(土)の「NPOマーケティングフォーラム」で、今回の取り組みと成果について発表します。

20140712 集合写真.jpg

▼【ブログ】マーケティングプログラム 第1回研修(合宿)
▼【ブログ】マーケティングプログラム 第2回研修

【Panasonic NPOサポート マーケティング プログラム】
NPOにとってマーケティングは、寄付や会員・ボランティアなどの支援を獲得するため、またサービスなどを提供して対価を得るため、そして組織のミッションを達成するために重要な活動です。本プログラムでは事業展開力を強化するマーケティング思考の獲得とチームビルディング、各団体の課題解決の取り組みを個別にサポートします。そしてプログラムを通じてNPOがマーケティング力を身につけ、そのノウハウを個人のスキルに留まらせず組織全体で共有して活用し、組織が抱える様々な課題を解決できるようになることを目指しています。

2014年度のマーケティングプログラムには5団体が参加し、6月、7月の2ヶ月間でマーケティングについて座学で学び、マーケティング施策の実行計画策定やチーム体制の強化に取り組みます。その後、8月から11月にかけて団体内で施策PDCAサイクルを回し、専門家やプロボノが施策実行を個別に支援して事業展開力の強化を応援します。

【関連情報】
▼NPOマーケティングプログラム
▼NPOマーケティングフォーラム2013(イベントレポート)


ページの先頭へ