Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:「プロボノ TO ふくしま 2014」の社員プロボノ向けオリエンテーションを開催~スキルを活かしてNPOの事業展開力の強化を応援する、短期集中型の被災地支援プロボノ~

英語ブログ

日本:「プロボノ TO ふくしま 2014」の社員プロボノ向けオリエンテーションを開催~スキルを活かしてNPOの事業展開力の強化を応援する、短期集中型の被災地支援プロボノ~

20140702 タイトル.jpgパナソニックは、社員のビジネススキルを活かして福島県の復興支援に取り組むNPO等の事業展開力の強化を応援する1泊2日の被災地支援プログラム「プロボノ TO ふくしま 2014」を7月25日(金)~26日(土)に実施します。

プロボノとは、「公共善のために」を意味するラテン語に由来する言葉で、「社会的・公共的な目的のために仕事で培った経験やスキルを活かすボランティア活動」を意味します。

今回のプログラムは「NPO法人サービスグラント「一般社団法人ふくしま連携復興センター」との共催で、パナソニックグループの社員23名が4~5名のチームを組み、自身の経験やスキルを活かして福島県の復興支援に取り組む5団体の営業資料の作成やチラシ・PR資料の制作、ウェブサイトの制作プラン提案に取り組むものです。ボランティアとして参加する社員の中には、関西や東北からの参加者もいます。

20140702 挨拶.jpg
7月2日、プログラムの実施に先立ち、社員プロボノを対象に、チームメンバーとの顔合わせやプロジェクトの進め方を説明するオリエンテーションを実施しました。

最初に、今回のプログラムを企画した背景や、パナソニックのNPO支援について担当者から紹介した後、参加者全員の自己紹介を行いました。

自己紹介では、今回のプログラムへの参加のきっかけや動機などを皆で共有。

20140702 自己紹介.jpgすでに日頃から被災地支援の活動を実施している人や、震災以降に会社で実施した陸前高田市への復興支援ボランティアへの参加経験がある人、また「プロボノ」という新しいスタイルのボランティア活動に惹かれた人、ボランティアは全くの初めてという人などそれぞれですが、共通していたのは「被災地のために、福島のために、自分にできることがあるのなら少しでもお役に立ちたい」という気持ちが根底にあることです。

  

   

20140702 嵯峨さん.jpg自己紹介の後には、サービスグラントの嵯峨代表より、具体的なプロジェクトの進め方と、今回の支援先である5団体の活動概要、支援内容について説明がありました。

<プロボノ TO ふくしま 2014の支援先5団体 (支援内容)>
●NPO法人 ふよう土2100 (チラシ作成)
●NPO法人 ビーンズふくしま (営業資料作成)
●NPO法人 いいざかサポータズクラブ (PR資料作成)
●一般社団法人 手づくりマルシェ (ウェブサイトの制作提案)
●一般社団法人 ふくしま連携復興センター (営業資料作成)


その後は支援先ごとにチームに分かれ、今後の進め方や質問事項の洗い出しなどのワークを行い、オリエンテーションは終了となりました。

20140702 グループワーク.jpg今後、プロボノメンバーは、福島の現在の復興状況や、NPO等の復興支援活動について学ぶ「勉強会」を行い、チームごとの事前調査を進めながら全員で福島に向かいます。

--------------------------------------------------------------------
■Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム
--------------------------------------------------------------------
パナソニックは2011年度より「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」を開始。
社員のビジネススキルを広く社会のお役に立てる新しい形の社会貢献プログラムとして、NPOの事業展開力を応援し社会課題の解決促進に貢献することを目指しています。また社会課題の解決に取り組むNPO支援を通じて、社員の地球市民としてのイノベーションマインド向上も期待しています。支援先は、NPOの組織基盤強化を応援する助成プログラム「Panasonic NPOサポート ファンド」で過去に応援した団体を中心に選定しています。
2013年度までの3年間で、81人の社員がプロボノに参加し、13団体の中期計画策定や、営業資料の作成、ウェブサイトの再構築、マーケティング基礎調査に取り組みました。13団体のうち10団体は、当社社員のみで構成されるパナニック社員プロボノチームで取り組み、支援先には被災地で活動するNPOも含まれています。

2014年度は、パナソニック社員プロボノチームでNPO3団体の支援を予定しています。
6月に、関西で「CAPセンター・JAPANチーム(ウェブサイト再構築支援)」「さをりひろばチーム(マーケティング基礎調査支援)」の2チームがNPOの事業展開力の強化に向けて本格的に活動を開始しました。さらに8月に東京で1プロジェクトを発足させる予定です。

<関連情報>
▼Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム

▼2013年プロジェクト:「NPO法人ファミリーハウスの理想のハウス」づくりPJ

▼プロボノフォーラムTOKYO 2013




ページの先頭へ