Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:「NPOマーケティング プログラム 2014」第1回合宿オリエンテーションを開催

英語ブログ

日本:「NPOマーケティング プログラム 2014」第1回合宿オリエンテーションを開催

20140607 タイトル.jpg2014年6月7日、8日の2日間で、Panasonic NPOサポート マーケティング プログラム(NPOマーケティング プログラム)の第1回目となる合宿オリエンテーションを開催しました。プログラムに参加するNPO5団体の代表や事務局長、スタッフ、そして講師、社会人サポーター、事務局など30名が参加しました。

NPOにとってマーケティングは、寄付や会員・ボランティアなどの支援を獲得するため、またサービスなどを提供して対価を得るため、そして組織のミッションを達成するために重要な活動です。
本プログラムでは、事業展開力を強化するマーケティング思考の獲得とチームビルディング、各団体の課題解決の取り組みを個別にサポートします。そしてプログラムを通じてNPOがマーケティング力を身につけ、そのノウハウを個人のスキルに留まらせず組織全体で共有して活用し、組織が抱える様々な課題を解決できるようになることを目指しています。

20140607 琴.jpg2014年度のプログラムには5団体が参加し、6月、7月の2ヶ月間でマーケティングについて座学で学び、マーケティング施策の実行計画策定やチーム体制の強化に取り組みます。その後、8月から11月にかけて団体内で施策のPDCAサイクルを回し、専門家やプロボノが施策実行を個別に支援して事業展開力の強化を応援します。

   

  

     

20140607 笠原さん.jpgこの日は、今年度の第1回目となる「合宿オリエンテーション」ということで、プログラムの主催であるパナソニックと特定非営利活動法人NPOサポートセンターの担当が挨拶にあわせて、プログラムへの思いや特徴、支援内容、スケジュールなどの全体概要を説明しました。

   

   

 

   

20140607 松本先生.jpg続いて研修が始まり、「マーケティングの考え方・手法を活用して企画を立案し、成果を生み出す体制をつくる」をテーマに多摩大学総合研究所の松本祐一教授による講義が行われました。

合宿ではマーケティングに関する講義に加え、グループワーク、事例発表などをまじえながら丸2日間じっくりと自分達の課題解決に向けた施策について考えます。

   

   

20140607 石井さん.jpg事例発表では、実際に本プログラムでマーケティング施策を実行し新聞休刊の危機を回避した全国不登校新聞社の石井編集長より、自分達のマーケティング施策の取り組みや成果、気づき、現在の取り組みについて発表がありました。

 ▼NPOマーケティング導入事例 自分たちは何者かを問い続け、新聞休刊を回避

研修では、外部環境分析、内部環境分析を通じて、「顧客」や「顧客価値」などを設定し、設定した顧客に対してどのような価値を提供していくのか、顧客視点で団体の資源を組み合わせてマーケティングミックスを行いました。顧客にとっての価値やコスト、顧客の利便性、顧客とのコミュニケーションを製品、価格、プロモーションという形でデザインしていきます。

20140607 参加団体一覧.jpg20140607 発表①.jpg研修の最後に、2日間考えてきた流れに添って自分達のマーケティング施策について発表しました。

今後は今日の発表内容に添ってプレマーケティングを行い、第2回研修(6月28日)に臨みます。

【関連情報】
 ▼NPOマーケティングプログラム
 ▼FOE JAPANのNPOマーケティング導入事例
 ▼NPOマーケティングフォーラム2013(活動レポート)
 


ページの先頭へ