Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:セールスプロモーションをテーマにした出前授業の実施 ~おやじ日本とコラボしたキャリア教育支援~

英語ブログ

日本:セールスプロモーションをテーマにした出前授業の実施 ~おやじ日本とコラボしたキャリア教育支援~

 

キッズスクールロゴ.jpg 

 

 

 

エコノモ11.jpg

 

12月3日、NPOおやじ日本からの依頼を受け、杉並区立第四小学校でパナソニックキッズスクール スペシャル出前授業を実施しました。同校の4年生は、6月から起業家プログラムに取り組んでおり、地元 高円寺の商店街で行った市場調査を元に、タオルの製造・販売をする会社「杉四カンパニー」を立ち上げました。

今回の授業は、1月18日に実施する「オリジナルタオルの販売」に向けて、当社の社員がプロの視点からアドバイスを行うというもの。当社で実際にセールスプロモーションを担当している社員がはじめての授業にチャレンジしました!

エコノモ12.jpg

 

エコノモ13.jpg

 

まず、当社のポケットドルツ(電動歯ブラシ)のポスターや店頭づくりを例に、子どもたちにプロの工夫を考えてもらいました。 

次に2つに分かれ、グループワークに取組みました。テーマは、自分たちがデザインしたオリジナルタオルの「キャッチコピー」を考えることと、「タオルの売り方の工夫」を考えることです。

子どもたちは、たくさんの思いがつまったタオルをできるだけ多くの人に知ってもらい、そして買ってもらうために、熱心に話し合っていました。

エコノモ14.jpg

 

エコノモ15.jpg

5つグループから出たキャッチコピーの中から選ばれたのは

 "世界に1つ!杉四やっとさーオリジナルタオル"というコピー。

エコノモ16.jpg

高円寺の人たちが愛する「あわおどり」をテーマにした、世界にひとつしかない杉四小のオリジナルタオルであることを見事に伝えています。

また売り方の工夫では、大人の想像を超えるユニークなアイデアがたくさん出てきました。

エコノモ19.jpg

費用をかけなくてもできる工夫や、タオルを販売する場所や季節に目をつけたアイデアが盛りだくさんです。1月18日の販売でいくつ実現しているか大変楽しみです。

杉四カンパニーのみなさん、がんばってくださいね!

 ■出前授業を終えて

エコノモ18.jpg日本地域コンシューマー マーケティング部門
コミュニケーショングループ
セールスプロモーションチーム
谷 香奈さん

この度、小学四年生の【セールプロモーション(宣伝・販促)】の授業をさせて頂いたことは、大変良い経験となりました。小学四年生にも分かるようにと授業を組み立てることは、自分の仕事を噛み砕いて考え直すことに繋がり、新たな視点や課題なども知ることができて私自身も勉強になる活動でした。

無邪気で明るく元気な子ども達とやり取りすることは、私も元気をもらえましたし、子ども達がもう少し大きくなって、世の中や企業のことを今より理解できたときに【パナソニックって良い会社だなぁ】と思ってもらえるよう、これからも頑張っていこうと気持ちも新たになりました。

 

おやじ日本とは

地域において子どものために、学校と連携しながら、子どもの各種体験活動やスポーツ等を行うおやじの集団(以下「おやじの会」という。)への支援、子どもに関する情報の提供等の活動を行うことにより、子どもの健やかな成長に貢献するとともに、心豊かな社会の実現に寄与することを目的とした非営利団体。

当社は、小・中学校段階からのキャリア教育を支援する「未来教室」などで毎年数校、同団体より依頼を受け、出前授業を実施している。

杉並区立第四小学校 ブログ記事

パナソニックの次世代育成支援

環境出前授業「エコ・モノ語」

 


ページの先頭へ