Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」パナソニックWonderセミナーにて、「エコラーニングプログラム」・「ハイブリッドカー工作教室」を実施!

英語ブログ

日本:日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」パナソニックWonderセミナーにて、「エコラーニングプログラム」・「ハイブリッドカー工作教室」を実施!

ハイブリッドカー工作ロゴ(新).pngELPロゴ.jpg

 

 

 

 

2013年12月12日(木)-14日(土)にて日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」が、東京ビックサイトにて3日間開催されました。

パナソニックは、 「A Better Life, A Better world」をテーマに、「より良いくらし」の実現に向けて、環境配慮商品や環境技術をご紹介しました
特設ブース内講演ゾーン「パナソニックWonderセミナー」内において、
12月12日(木)・13日(金)エコラーニングプログラム「未来のエネルギーを考えよう」、14日(土)「ハイブリッドカー工作教室」を実施しました。

 
エコプロ1.jpg
 

エコラーニングプログラム「未来のエネルギーを考えよう」  

12日(木)・13日(金)は、当社の環境教育貢献プログラムの1つである「エコラーニングプログラム」を、
社員が講師となって授業を行いました。合計4回授業を実施し約100名の小・中学生が参加しました。
「未来のエネルギーを考えよう」と題し、身の回りにある家電製品を動かす「電気」をつくり、ためる技術を学び、
環境に配慮した方法で電気をつくることが可能であること、そのエネルギーを賢く使っていくことで地球環境を守ることができること、等を確認しました。
 
参加した子どもたちはエネルギーについてのクイズに答えたり、再生可能エネルギーである太陽光発電について真剣にメモを取っていました。
またブース内の展示パネルではパナソニックがグローバルに環境教育を行っていることを紹介、世界遺産保護や環境を守ることの大切さを学ぶ
世界遺産エコラーニング」や「ソーラーランタン10万台寄贈プログラム」の紹介についても、子どもたちが一生懸命に学ぶ姿が見受けられました。 

 
エコプロ5.jpg
最終日の14日(土)は、「ハイブリッドカー工作教室」 (午前・午後2回)を開催しました。

11月末に初お披露目となった、新型「ハイブリッドカー」が登場。
社員が講師となり小学三年生から中学生までの子どもたちと一緒に、「ハイブリッドカーのしくみ」や「環境に配慮すること」を学んでいきました。
合計2回実施で、約80名の子どもたち・保護者の皆さんにご参加いただきました。
新型ハイブリッドカーは、ソーラーバッテリーとアルカリ乾電池を動力にして動きます。開始前から、参加者の家族連れの長蛇の列ができ、大盛況!
子どもたちは、ワクワクしながら、車の仕組みを学び、楽しく工作を行いました。最後は専用コースで走らせ、喜びの顔があふれておりました。

 
エコプロ9.jpg
 
手伝ってくれるスタッフにどんどん質問しながら、隣のお友達とも仲良く工作しました。外国人のお友達も参加してくれました!
「持ち帰って自分で充電して、おうちで走らせるのが楽しみです」「作り方はわかりやすく面白かったです」とのコメントが寄せられました。
このハイブリッドカー工作教室は、日本、世界中で開催しております。
 
 

ページの先頭へ