Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:「プロボノ フォーラム TOKYO 2013」を開催-ビジネススキルを活かしたNPO支援

英語ブログ

日本:「プロボノ フォーラム TOKYO 2013」を開催-ビジネススキルを活かしたNPO支援

プロボノフォーラム TOKYO タイトル.jpg

仕事のスキルや経験を活用してNPOを支援する社会貢献活動"プロボノ"のイベント「プロボノ フォーラム TOKYO 2013」を10月23日(水)に特定非営利活動法人サービスグラントと渋谷ヒカリエで開催。パナソニックの社員やプロボノに関心のある社会人、
NPO関係者、企業の社会貢献担当者、行政職員など160人が参加しました。

意見交換.jpg「プロボノ」とは、ラテン語の「公共善のために(Pro Bono Publico)」に由来する言葉で、"専門的なスキルや経験を活かしたボランティア活動"のこと。企画、開発、営業、マーケティング、広報など、社員が日ごろの仕事で使っている発想やスキルを活かすことで、NPOに不足がちなビジネスの視点をサポートし、NPOがより自立したかたちで発展することを支援するのが、プロボノの役割です。
現在では欧米を中心に、韓国・中国などのアジアも含めて全世界に広がりを見せており、日本社会にも「働きながら社会と関わる新しいボランティア」のスタイルとして定着しつつあります。

 

プロボノフォーラム TOKYO 会場の様子.jpg10月19日(土)~26日(土)の1週間は、「国際プロボノ週間2013」として、"プロボノをさらに広げていこう!"という国際的な共通目的のもと、世界各国でさまざまなキャンペーンが実施され、今年から日本も参加しています。


パナソニックも、この初参加を記念して、プロボノのさらなる可能性やその魅力を発信する「プロボノフォーラム TOKYO 2013」を開催しました。

 

 

プロボノフォーラム TOKYO 小川さん.jpgフォーラムの冒頭に、パナソニック CSR・社会文化グループのグループマネージャーである小川理子が
「パナソニックは持続可能な社会の実現に向けて、社会課題の解決に取り組む市民活動が持続的に発展していくことを願い、2001年より「Panasonic NPOサポート ファンド」という助成プログラムを立ち上げ、NPOの組織基盤強化を応援しています。
プロボノプログラムでは、NPOサポート ファンドで応援したNPOに社員がチームを組んで、中期計画策定、営業資料作成などの事業展開力の強化を応援しています。

 

プロボノフォーラム TOKYO 会場の様子②.jpg参加した社員の声を聴いてみると、ほぼ全員の社員が、現業を離れてNPOの文化に触れ、いろいろな職種の社員と情報を共有しながら半年で集中しながら取り組んでいくスタイルが参加しやすく、非常にやりがいがあったと言っています。
NPOさんのほうにも、企業側の視点が入ることで自分達だけでは気が付かなかった組織の課題に気が付くことができ、企業人と一緒に課題解決に取り組めたとおっしゃっていただき、双方に利益のある取り組みだと実感しています。今日の事例発表、分科会と盛りだくさんのプログラムを有意義に過ごしてください」
と挨拶しました。

 

プロボノフォーラム TOKYO 嵯峨さん.jpgその後、NPO法人サービスグラントの代表理事である嵯峨生馬氏より、「国際プロボノ週間」という国際的な動きから、日本における取り組み、そしてプロボノの基本的な紹介や、NPOのニーズの多様化、支援メニューの多様化、登録者の多様化など、プロボノを取り巻く現状、可能性について紹介がありました。

 

 

 

 

プロボノフォーラム TOKYO 兼松さん.jpg続いてゲストコメンテータとして、「ほしい未来をつくるためのヒント集『greenz.jp』」の兼松佳宏氏が、ご自身の取り組みやプロボノ体験を紹介。
『greenz.jp』では、"共感"を生むグッドアイデアこそ人を前向きにし、社会を動かす力があると、「サプライズがある」「"思いやり"や"愛"がある」「社会的課題を一石何鳥で解決する」取り組みをWebマガジンで日々発信されています。

兼松さんからは、「ぜひ『自分事」として皆さんもプロボノを始めてみてください」とのメッセージがありました。

 

 

第1部は、NPOとプロボノワーカーの皆さんによる、3つのプロジェクトの事例発表です。 

プロボノフォーラム TOKYO 荒川.jpg■事例発表
①「理想のファミリーハウス、思いとノウハウが詰まった計画づくり」
   NPO法人 ファミリーハウス&パナソニックプロボノチームの皆さん

②「ごみ拾いを企業の人事研修に・・・その企画、売れるのか」
   NPO法人 荒川クリーンエイド・フォーラム&プロボノチームの
 皆さん

③「工業高校と地域をつなぐ熱き先生たちとプロボノとの初コラボ」
   千葉県工業高校コンソーシアム&プロボノチームの皆さん

 

FH発表.jpgNPO法人ファミリーハウスの「理想のハウスづくりプロジェクト」は、パナソニック社員チーム9名で臨みました。
このプロジェクトでは、ファミリーハウスの「社会と共に理想のハウスを作りたい」との思いを受けて、ファミリーハウスがつくっていきたい理想のハウスをビジュアル化していくというものです。NPO側の思い、プロボノへの期待、そしてプロジェクトの内容についてそれぞれから発表がありました。

現在進行中のプロジェクトですが、参加しているパナソニックチームのメンバーからは、
●NPOの方たちの何かに向かう「熱い思い」に触れて刺激を受けました
●これまでに知り得ない、たくさんの方々に関わる機会をもらい、幅広い立場の人と出会えて良かった
●今までにない世界に足を一歩踏み出せたのが良い機会だった
●自分にも子どもがいるのでファミリーハウスの存在が心強く、「我が事」として取り組めた
などの感想が紹介されました。

また、NPO法人ファミリーハウスのスタッフからも
●自分達だけで考えることには限界があり、プロボノの方に関わってもらうことでたくさんの気づきが得られた
●社会にはいつも一緒になって考えて助けてくれる人がいるっていうことを再発見した。これからも一緒に支えてほしい
とのコメントがありました。

兼松さん②.jpg3事例それぞれの発表のあと、ゲストの兼松さんから、
「NPOの方もプロボノワーカーの方も、それぞれに内面の変化があり何よりだと思う。事例を聞かれた皆さんも、プロボノチームの取り組みを聞いて「頼もしい」と思われたのではないでしょうか。お互いが言いたいことを言う対等感がすごく清々しく、それがより良いものを生み出すことにつながっていると感じました」
と、プロジェクトを聞かれての感想やプロボノの魅力について、それぞれのプロジェクト発表の後に一言ずつコメントをいただきました。

 

 

第2部は、プロボノについてさらに深く理解してもらうために、テーマ別の分科会を行いました。
「プロボノワーカー」、「NPO」、「企業」の3つのテーマに分かれて、事例発表者を囲んで参加者との質疑応答が行われました。

プロボノフォーラム TOKYO プロボノワーカー分科会.jpgプロボノワーカーを囲んでの分科会では、プロボノを実践するにあたっての前向きで具体的な質問が多く挙げられ、経験者と本音ベースでのインタラクティブな質疑応答が繰り広げられました。チームがうまく進む要因については、コミュニケーションの重要性があげられました。プロボノチーム内でのコミュニケーションはもとより、NPOとプロボノチームとが一体となってプロジェクトを進め、社会に新しいものを生み出すプロボノの醍醐味を経験者からたくさん聞くことができました。

フォーラム後の交流会では、「プロボノ」をキーワードに参加者間で情報交換やネットワークづくりを熱心に行っている姿が見られ、今後のプロボノの可能性や広がりがさらに期待できる一日となりました。

 

「プロボノ フォーラム TOKYO 2013」の詳細レポートは後日、下記ホームページに公開します。
▼パナソニックのNPO組織基盤強化支援

プロボノフォーラム TOKYO 集合写真.jpg

------------------------------------------------------
■Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム
------------------------------------------------------
パナソニックは、社員の仕事のスキルや経験を活用してNPOを支援する社会貢献活動「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」を2011年4月から展開しています。社員のビジネススキルを広く社会のお役に立てる新しい形の社会貢献プログラムとして、NPOの事業展開力を応援し社会課題の解決促進に貢献することを目指しています。また社会課題の解決に取り組むNPO支援を通じて、社員の地球市民としてのイノベーションマインド向上も期待しています。

2013年現在、社員88名がボランティア登録をし、60名の社員がプロボノとして活動しています。これまでに12団体の中期計画策定や営業資料作成、ウェブサイト再構築などを支援しており、12団体のうち、9団体はパナソニックの社員のみで構成される「パナソニックプロボノチーム」で支援しています。支援先NPOは、パナソニックのNPO助成プログラム「Panasonic NPOサポート ファンド」で支援した団体を中心に応援しています。

 ▼Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム

  ▼Panasonic NPOサポート ファンド

 <<関連情報>>
【プロボノ事例】パナソニックチームで環境NGOの事業計画立案を支援
【プロボノ事例】パナソニックチームで被災地NPOの営業資料作成を支援
【プロボノ事例】パナソニックチームで環境NPOのウェブサイトリニューアルを支援

「プロボノフォーラムOsaka 2012」活動レポート

Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム

NPO法人 サービスグラント

 

 


ページの先頭へ