VMSとは

VMS(Video Management Software/System)とは、ソフトウェアのひとつで、防犯カメラや監視カメラで撮影した映像を記憶装置に保存し、管理することができます。メーカーによっては、「ビデオ管理ソフトウェア」「映像監視ソフトウェア」「映像管理システム」「録画映像統合管理システム」などと呼ぶこともありますが、ほとんど同じ意味を指す言葉です。

このVMSは、大規模な監視システムはもちろんのこと、お店や家庭などの中・小規模のカメラシステムにも導入されるようになり、利用シーンが広がっています。

VMSとNVRの違い

VMSと混同されがちなものに、「NVR」があります。NVR(Network Video Recorder)とは、防犯カメラなどのネットワークカメラ対応のレコーダーのこと。これ1台に、録画に必要なソフトウェア、ストレージ、インターフェースを内蔵しており、ネットワークカメラやモニターを接続するだけで使用できます。セットアップが簡単なので、小規模の監視に最適です。

VMSもNVRも、防犯カメラや監視カメラの映像を記録し、管理する機能をもつところは共通しています。違いは、VMSはソフトウェアであるのに対し、NVRはレコーダー(録画機器)であることです。

VMSで実現できること

それでは、VMSで実現できることを具体的に挙げていきましょう。

各種システムの一元管理

VMSでは、複数のカメラで撮影した映像を一括管理することができますが、顔認証、映像解析、車番認証、入退室管理などのさまざまなシステムを連携させ、各種システムの一元管理もできます。

1つのVMSで、オフィスの監視カメラシステム、入退室管理システム、駐車場監視システムをコントロールすることができるわけです。

柔軟性と拡張性に優れている

VMSによっては、防犯・監視カメラのメーカーに縛られることがありません。どのメーカーでも互換性があり、柔軟にシステムを構築可能です。また、カメラの台数を増やしたり、カメラ設置拠点の追加も簡単に行えます。

拡張性にも優れているのがVMSの良い点です。たとえば、

  • 赤外線センサーやアラームなどのハードデバイスと連携させて、自動通報システムを構築できる。
  • 顔認証システムや導線分析システム、客層分析システムなどの新たなシステムとの連携
  • クラウドサーバー上にVMSを構築し、本部のネットワーク帯域を削減する

などもできます。のちにシステムを拡張したいときにも対応可能です。

複数人での監視

閲覧権限を施したアカウントを、複数発行することができ、複数人での監視が可能です。また、映像モニタリング室のように中央管理システムで使用することはもちろんのこと、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末で閲覧することもできます。

VMSの活用シーン

VMSは生活上あらゆるシーンで活用されています。具体的な活用シーンを見ていきましょう。

交通機関や公共施設での監視

交通機関や公共施設での監視

たくさんの人が行き交う、空港や駅、スタジアムやコンサート会場、公園、街頭のような公共スペースでVMSは活躍しています。目的は、防犯や防災対応のため。複数台のカメラの映像を同時に管理、コントロールし、治安維持、警備体制の効率化を図ります。

介護福祉施設での高齢者の見守り

介護福祉施設では、VMSを画像解析システムと連携させて、監視カメラで顔認証を行い、利用者の入退室を管理しています。高齢者の安否や外出の有無などを確認でき、見守りに役立っています。

学校や学習塾、習い事先での子供の見守り

高齢者だけでなく、子供の見守りにも活躍しているVMS。顔認証で子供の登校、下校を確認し、保護者へ連絡メールを送るといった活用方法もあります。VMSが子供も保護者も安全、安心をサポートしてくれるのです。

小売店での防犯対策

小売店への不審者や盗難などを監視するためにVMSを活用しているケースもあります。あらかじめ、不審者や要注意人物のデータを登録しておき、データ照合をして一致すれば、管理者へ連絡するように設定することも可能です。

ホテルでの顧客対応

ホテルでは、顧客対応にVMSが活用されています。こちらも顔認証などの画像解析システムと連携させ、お客様一人ひとりに合った対応、サービスがスムーズにできるようにしているのです。

金融機関での不正行為の監視

金融機関では、ATMへの不正行為、不審者の監視、銀行員に不審な行動はないかなどを目的に活用されています。鮮明に撮影できるカメラによって、書類のやりとりなどの契約時の内容を記録することも可能です。これにより、お客様とのトラブルを未然に抑止できます。

オフィスのセキュリティ強化

オフィスでのVMSの活用は、厳密な入退室管理、部外者の侵入防止、情報漏洩、データ持ち出しなどの監視のために使われています。VMSにより、セキュリティを強化させることが可能です。

工場での事故防止

オフィスだけでなく、工場や生産設備であるプラントでもVMSは使われています。これらの場所でVMSを使い、従業員、はたまた工場全体を監視することで、重大事故の発生抑止、ミスを早期発見し、減少につながります。また、生産ラインにおいての導線チェック、ボトルネックの把握などにも活用可能です。

病院での患者の状態チェック

VMSは医療機関でも活用されています。VMSにより、不審者、部外者の侵入の監視、患者の状態のチェック、リハビリの進捗状況を行えます。また、夜間でも鮮明に撮影できる映像カメラにより、夜間の施設管理も可能です。

VMSに関するお問い合わせはこちら

「パナソニックEWネットワークス」は、スイッチングハブのメーカーでありながら、システムインテグレーターでもあります。高精細・高画質のネットワークカメラを中心に、お客様のニーズ、ご要望に合わせ、最適な監視カメラ・レコーダを選定し、システムを構築します。運用をサポートする監視カメラシステム向けネットワーク構築もお任せください。マルチベンダーの幅広い製品を取り扱うことを強みとし、お客様のニーズに合ったご提案をさせていただきます。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

VMSは安心・安全を与えてくれるソフトウェア

VMSは、柔軟性、拡張に優れており、今後、防犯カメラや監視カメラの可能性、ならびにVMSの活用シーンもさらに広がることが考えられます。防犯や犯罪抑制、高齢者や子供の見守りなどができるVMS。私たちの暮らしに安心・安全を与えてくれるソフトウェアといえます。VMSの導入をご検討されてみては、いかがでしょうか。

関連記事はこちら