静電気耐性強化

静電気への耐性試験は国際標準規格「IEC61000-4-2」にて規程されています。
IEC61000-4-2では静電気への耐性を4つのレベルに分け、接触放電8kV、気中放電15kVを最大のレベルとしています。
当社では、あらゆる環境を想定し、IEC61000-4-2での最大レベルに対し約2倍の接触放電20kV、気中放電30kVを規定値としました。
静電気の起こりやすい場所に設置する場合に、静電気による誤作動や通信障害を起こりにくくします。

当社 試験電圧
(接触放電)
試験電圧
(気中放電)
ESDシリーズの基準 20KV 30KV
IEC61000-4-2での基準 試験電圧
(接触放電)
試験電圧
(気中放電)
IEC61000-4-2 レベル4 8KV 15KV
IEC61000-4-2 レベル3 6KV 8KV
IEC61000-4-2 レベル2 4KV 4KV
IEC61000-4-2 レベル1 2KV 2KV

スイッチングハブ使用時の静電気リスク

周辺からの輻射(ふくしゃ)

静電気輻射
スイッチングハブの周辺で発生した静電気

ケーブル接続時

静電気ケーブル
人がケーブルに接触時した際に発生する静電気

機器接触時

静電気接触
人がスイッチングハブ本体に接触時した際に発生する静電気

静電気耐性試験イメージ

静電気耐性

対応製品

関連情報

関連機能

FAQ

静電気耐性強化。静電気耐性の詳細

ページトップへ戻る