ベトナムでパナソニックグループが植樹活動を実施

環境

2020.12.10

ベトナムのパナソニックグループ8社(※)は10月3日、ベトナム政府(天然資源環境省)と協力してナムディン省で植樹活動「Panasonic for Green Vietnam」を実施しました。

この活動は2013年からベトナム各地で展開されており、これまでにタイグエン省やドンナイ省など国内10省において、約14万本の樹木を寄贈してきました。

 今年は、新型コロナ感染拡大の影響で参加人数を制限しましたが、約100名の従業員や、政府、地元ナムディン省の人たち総勢230名が参加し、18,000本のカジュアリーナの木を植樹しました。従業員は植樹活動に加えて、ナムディンの砂浜のゴミ収集も行いました。

ベトナム1.png

また、植樹活動と合わせて、参加者から使用済み乾電池を回収し、パナソニックの新しい乾電池と交換しました。使用済み乾電池をそのまま捨ててしまうと環境汚染につながるため、この活動を通じて適切な電池の回収方法を伝えることで環境への意識を高めています。さらに、環境意識を高めるために、地元ンギアタン中学校の生徒100名を対象にエコラーニングのワークショップも実施しました。

※パナソニックセールスベトナム 、パナソニックR&Dセンターベトナム、パナソニックAVCネットワークスベトナム、パナソニックAPベトナム 、パナソニックシステムネットワークスベトナム、パナソニックデバイスベトナム、パナソニックライフソリューションズベトナム、パナソニック保険サービスベトナム

ベトナム3.png