PoE(PoE+/PoE++)給電機能

PoE給電機能とは

PoE(Power over Ethernet)給電機能 とは、イーサネットで使用するツイストペアケーブル(UTP)を利用して、 接続するPoE対応機器(無線アクセスポイント、ネットワークカメラ、IP電話等)に電力を供給できる技術です。PoE対応機器へのACアダプタや電源工事が不要になります。
標準規格IEEE802.3afとIEEE802.3atに、新たに最大90W(Class8)までの電力を供給するIEEE802.3btが加わりました。
IEEE802.3btはIEEE802.3atとIEEE802.3af方式に対応、IEEE802.3atはIEEE802.3af方式にも対応しています。

構成図

PoE規格別 主な給電機器

PoE規格別 主な給電機器 表

紹介動画


    

対応製品

IEEE802.3bt(90W)・IEEE802.3at(30W)・IEEE802.3af(15.4W)に対応

IEEE802.3at(30W)・IEEE802.3af(15.4W)に対応

IEEE802.3afのみ対応(15.4W)

PoE給電スイッチングハブを探す

  PoE給電スイッチングハブ一覧

関連情報

関連機能

設定例

FAQ

その他

PoE(PoE+/PoE++)給電機能。スイッチングハブを中心にネットワーク構築、セキュリティをトータルにご提供します。PoE給電機能付きスイッチングハブ(HUB)やセキュリティ商材、学校ICT構想向け等の製品情報をご覧いただけます。

ページトップへ戻る