2023年度 出前授業 私の行き方発見プログラム 〜宿毛市立小筑紫中学校〜

学び支援

2023.12.14

私の行き方発見プログラムロゴ.png

「私の行き方発見プログラム」は、当社が企業市民活動として学校に提供している教育支援プログラムで、多種多様な役割を持って働くことを学び、自分らしい"行き方"を考える内容です。

今回は、高知県 宿毛市立小筑紫中学校でのオンライン授業のレポートです。

 

  日  時 :20231016日(月)1445 1535
  学  校 :宿毛市立小筑紫中学校
  生 徒 数: 27名(13年生)
  社員講師:パナソニック コネクト株式会社 辻 康行

 パナソニックコネクトの辻です。

工場の原価管理を担当しており、普段は商品原価の分析や改善活動をしております。
リモートでの授業でしたが、生徒たちが授業に積極的に参加されている姿が印象的でした。

質問タイムでは、「いつ進路を決めたのか?」「なぜ自分がパナソニックに入社したのか?」など、今後を真剣に考えている様子が伝わってきました。
特に印象に残ったのは、「パナソニックに入るのに必要なことは?」という質問でした。

会社で役立つスキルや知識を身につけることはもちろん必要ですが、同時にコミュニケーション能力や協調性も重要です。今後に向けて自己アピールの方法なども学んでもらえたらよいと思います。

 また、「15年後のなりたい自分」を考えるワークタイムでは、「医療関係の仕事」「消防士など人を助ける仕事」「料理関係の仕事」などの発表を聞く事ができました。

辻さん.png

【社員講師から生徒のみなさんへのメッセージ】

好きな事で生きていけるよう、自分の可能性を広げる勉強をして頂けたらと思います。

皆さんが夢を持つことができるようになることを願っております。

 

【生徒のみなさんから社員講師へのメッセージ】

・色々勉強になったし、頑張ろうと思えました。ありがとうございました。

・これからの高校を選ぶために役に立つし、生活の中や勉強を頑張っていこうという気になれました。

・講師の話やワークなどで自分の将来について考えようと思った。

・仕事のやりがいや、授業で学習したことが将来役に立つと聞いて、将来について考えるきっかけになった。

・自分が将来どんな仕事をしているか考えたことが、将来を考えるきっかけになりました。

 

<<関連サイト>>
私の行き方発見プログラム
先生のための活用のヒント集