2023年度 出前授業 私の行き方発見プログラム 〜金沢市立鳴和中学校〜

学び支援

2023.08.31

私の行き方発見プログラムロゴ.png

「私の行き方発見プログラム」は、当社が企業市民活動として学校に提供している教育支援プログラムで、多種多様な役割を持って働くことを学び、自分らしい"行き方"を考える内容です。

今回は、石川県 金沢市立鳴和中学校でのオンライン授業のレポートです。

 日  時 :202374日(火)13301420
 学  校 :金沢市立鳴和中学校
 生 徒 数: 164名(2年生)
 社員講師:パナソニック インダストリー株式会社 小林 諒平

 パナソニックの小林です。パナソニックの総務課で安全衛生事務局の仕事をしています。

みなさん楽しそうに授業を聞いて頂けて良かったです。恥ずかしそうに発表をしたりしていましたが、それも含めて、みなさんにとって、よい経験になっていれば良いなと思いました。

小林さんの仕事.png

Q&Aタイムでは、「仕事でやりがいを感じるときはいつですか?」という質問がありました。「総務で色々な仕事をしている中で何かをやった時に、従業員の方から『ありがとう』と言ってもらえる時に、やりがいを感じます」とお答えしました。

 

【社員講師から生徒のみなさんへのメッセージ】

みなさん、授業を聞いて頂いてありがとうございました!

今回、自己PR15年後のなりたい自分について考え、それを人に伝えて貰いましたが、とても恥ずかしかったと思いますし、勇気が必要だったと思います。今後、必ずこういう機会があると思うので、その時は自信を持って話が出来る様になっていて欲しいなと思います。今日みなさんは勇気ある一歩を踏み出せたと思うので、これからも勇気ある一歩を踏み出し続けてください。

鳴和中の様子.png

【生徒のみなさんから社員講師へのメッセージ】

・このような滅多にない良い機会を設けてくださりありがとうございます。これからの自分を見直したり、将来の事について深く考えたりすることができました。また、講師の方の言ったことを思い出しながら、これからの学校生活や人生に活かしていきたいなと思いました。

・講師の方のお話を聞いて、自分を信じて何事にも挑戦していったりすれば成功するということが知れた。これからは、少しでも良いから挑戦しようかな、誰かのためにできることはないかな、と考えながら生きていこうと思った。

・クイズを入れた企業紹介がすごく面白かったです。質問にもちゃんと答えてくれてありがとうございました。

・自分の周りでも今回の講演で「将来の見通しがついた」ということを言っている人が多かったので、これからも続けていってほしいです。



<<関連サイト>>
私の行き方発見プログラム
先生のための活用のヒント集