2023年度 出前授業 私の行き方発見プログラム 〜仙台市立仙台青陵中等教育学校〜

学び支援

2023.08.30

私の行き方発見プログラムロゴ.png

「私の行き方発見プログラム」は、当社が企業市民活動として学校に提供している教育支援プログラムで、多種多様な役割を持って働くことを学び、自分らしい"行き方"を考える内容です。

今回は、宮城県 仙台市立仙台青陵中等教育学校での訪問授業のレポートです。

 日  時 :2023711日(火)15001545
 学  校 :仙台市立仙台青陵中等教育学校
 生 徒 数: 142名(2年生)
 社員講師:パナソニック株式会社 桑名 優介

 パナソニックの桑名です。パナソニックマーケティングジャパン株式会社 北海道・東北社企画部 戦略企画課に所属しています。私の仕事は、ITを使い、お得意先(街のでんき屋さん)の販売活動を支援することです。

生徒のみなさんには、私語もなく、たいへん真面目に取り組んでいただき、とても感心しました。

桑名さんの仕事.png

Q&Aでは、「講師の分岐点となった時期は?」、「古文が苦手だが、どうすればいい?」、「パナソニックに入るきっかけは?」、「家電を売るとき、他社と協力することはあるのか?」などの質問をいただきました。

 

【社員講師から生徒のみなさんへのメッセージ】

 質問の際、敬語表現が素晴らしく、社会人と話している感覚とほとんど変わりがありませんでした。ぜひ、今後も意識して敬語を使っていただければと思いました。

 また、最後にお伝えしたように『悩むくらいなら動いてみる』を、ぜひ、実践してみてください。

仙台青陵中の様子.jpg

【生徒のみなさんから社員講師へのメッセージ】

・クイズもあり親しみやすかったし、簡単でわかりやすい言葉で説明してくださりありがとうございました。私は自分の好きなことを仕事にしたいなと思いました。今勉強する意味や、部活動の大切さも知ることができたのでこれからもっと一生懸命頑張っていきたいと思います。

・素晴らしい講話をありがとうございました。親に聞いてもわからないようなことを今回の講話で教えてくださったおかげで将来についてより深く調べることができそうです。これからなりたいものがどんどん変わっていくかもしれないけど、今回の講話で学んだことを活かし、これからも将来のために気になる職業などを調べてみようと思います。

・自分の夢を叶えるためには理系に進まないといけないから文系はなんのためにやるのか理解してなかったけど、今やっていることが将来とても必要になってくるものだと聞いて、とてもためになりました。



<<関連サイト>>
私の行き方発見プログラム
先生のための活用のヒント集