NGOと企業の連携による社会支援についての座談会

社員参加

2021.06.09

このたび、新型コロナウイルス感染症対策で支援活動を行う特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)を支援した他の企業2社と共に、NGOと企業の連携による「いかしあう支援のカタチ」と題したオンライン座談会に参加しました。

パナソニックでは、昨年6月に実施した「新型コロナウイルス感染症対策支援への募金キャンペーン」で、社員の福利厚生制度カフェテリアポイントを通じて社員から集まった額に、会社がマッチングをしてクラスターが発生した病院や高齢者施設など、新型コロナ感染症対策の最前線で支援活動を行うPWJ寄付しました。

※リリース:新型コロナウイルス感染症対策支援活動への寄付について(2020年8月3日)

東京ベイ浦安病院様.jpeg

座談会では、NGO・企業がそれぞれの持ち味をいかして連携することの意義や、パナソニックの社会課題へのアプローチについて、ディスカッションさせていただいています。ぜひ、ご一読ください。

11.jpg

▼座談会に関する記事:

医療現場に、被災地に。企業の数だけ、社会支援のかたちがあるはず。企業プレイヤーたちが本音で語る、NGOとの連携アクション

■関連リンク

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について

 新型コロナウイルスに関する取り組み(ブログより)