ブラジルでチャリティコンサートを通じて困窮者に食料品を寄贈

パナソニックブラジル(PANABRAS)はこのほど、マナウス工場があるマナウス市で新型コロナ感染拡大により困窮している人々を助けるために行われたチャリティコンサートに協賛しました。

 このチャリティコンサートは、ブラジルで有名な家電販売店Bemolが主催したもので、パナソニック以外にもモトローラやエレクトロラックスほか合計5社が協賛しました。

 3月10日に開催されたコンサートでは、ブラジルで有名な歌手マリア・ガドゥさんが熱唱、トークショーでは新型コロナ感染拡大の予防対策やブラジルの文化などについてディスカッションが行われました。

 PANABRASはこのチャリティコンサートに2万ドルを協賛し、その資金を元手にお米や豆、油などの食料品340セットが困窮している家族に届けられました。

PANABRASは今後も地域への貢献を行っていきます。

ブラジル1.png