ブラジルで貧困家庭の子どもたちにクリスマスプレゼントを寄贈

 パナソニックブラジル(PANABRAS)はNGO「Olhar de Bia」と協力し、12月15日に、サンパウロに近いグアルーリョス市内の貧困家庭の子どもたちに、クリスマスプレゼントとしておもちゃ250個を贈りました。

 この活動はPANABRASが購入資金約3,700ドルを拠出し、一方でNGO「Olhar de Bia」が実際にプレゼントを配るという連携のもと実現したものです。おもちゃの車や人形、乾電池入りのマイク、ボールなどが、貧困層と言われる地区に住む子どもたち一人ひとりに渡され、子どもたちは嬉しそうにお礼の言葉を述べました。中にはプレゼントされたおもちゃですぐに遊び始める子どもたちもいました。

ブラジル2.png

また、PANABRASは、このNGO団体を通じて、生活に困窮しているその他の家族に洗濯機、冷蔵庫、テレビを提供する活動も行っています。 

ブラジル3.png

ブラジル1.png