Social Good Meetup「新型コロナ禍での避難生活お役立ち講座」をオンラインで開催

社員参加

2020.08.04

当社は、6月25日に、Social Good Meetup(SGM)「新型コロナ禍での災害に備える。避難生活お役立ち講座」をオンラインで開催しました。

 SGMは、社会課題に取り組む企業やNPOの方を講師に招いて話を伺う、当社の社員を対象とした「学びの場」です。社員の社会課題に対する意識向上と解決に向けた行動の促進を目的に、2016年から開催しています。

 当日は、認定NPO法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)の明城事務局長と浦野専門委員を講師としてお迎えし、コロナ禍で災害が起きた時の対処法や避難所での感染防止策、事前の備えなどについてお話いただきました。

 浦野専門委員からは「コロナ感染拡大防止のために、今までのような県域を越えたボランティア支援は難しく、被災地域に住む人々が協力しあって対応していかなければならない」と有事の際の備えと協力を呼びかけました。

災害.png

参加者からは「タイムリーなテーマであり、大変勉強になった」「避難時の状況がわかり、災害への備えの大切さを実感した」などの感想が寄せられました。

 JVOADは災害時に、様々な支援団体やボランティア、行政などを調整する役割を担っています。数々の被災地で支援実績があり、その経験を活かしてコロナ禍での災害対応マニュアルといえる「新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック」を5月に制作し、広く公開しています。

災害2.png避難生活お役立ちサポートブック