KWN 2018 「Sharing The Dream 2020」 ~墨田区立両国中学校第2回~

学び支援

2018.07.25

ロゴ:パナソニックキッズスクール KWN(KID WITNESS NEWS) オリンピックパラリンピック公認プログラム KWN 中学生・高校生向け特別ワークショップ Sharing The Dream 2020~史郎!伝えよう!動画に込めて!~

両国中学校第二回ワークショップの様子1.png

7月17日(火) 東京都墨田区立両国中学校にてKWN Sharing The Dream 2020特別ワークショップの第2回目を実施しました。ワークショップ当日の様子をご紹介します。

日 時:2018年7月17日(火) 16:00~17:30
場 所:東京都墨田区立両国中学校
参加者:同校 ボランティア部12名(SHR)
指導者:輪湖先生
講 師:今井雅彦氏

今回は、東京都にある墨田区立両国中学校にてKWN Sharing The Dream 2020特別ワークショップの第2回目を実施しました。Sharing The Dream 2020(STD2020)は、1校1国応援スタイルで、TOKYO2020オリンピック・パラリンピックに向けた映像作品づくりを進めていくプログラム(特別ワークショップ)で、本プログラムに中学校では初めて墨田区立両国中学校がエントリーしてくださいました。第2回目となる今回は、制作する映像のテーマと大まかなストーリーを決めていきました。

まずは、オリンピック・パラリンピックといえばどんなイメージなのか、各自付箋に思いつく限り書き出していきました。付箋を黒板に貼り付けていきます。3年生4名のリーダーを中心に話し合いで取捨選択を行い、テーマを抽出していきました。

両国中学校第二回ワークショップの様子2.png

テーマ選びの際に、団結というキーワードが出たため、団体競技を撮影することになりました。実際に撮影ができる競技は何か、話し合いました。続いてストーリーの大まかな構成を練ります。ここで講師から「ストーリーは最後まで描き切らなくてもいい」「最後のシーンから回想するような構成にしては?」などのアドバイスを受け、すぐに構成に反映させていく生徒さん方。大まかなストーリーは決まったようです。

両国中学校第二回ワークショップの様子3.png

最後に講師から撮影までに画コンテの作成をお願いしワークショップは終了となりました。終了後、生徒さん方から「撮影までの工程がこんなに大変とは思わなかった」「自分達だけではテーマを絞り切ることが出来なかったと思う」「こんなに悩んだので、悔いのない作品にしたい」などの感想をいただきました。

次回はいよいよ撮影を行います。夏休みに入り準備する時間が少ないなかの撮影となりますが、納得のいく作品ができるよう頑張っていきましょう!

<<関連サイト>>
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール
Sharing The Dream 2020