スキルを活かしたNPO支援「プロボノプログラム」の進捗共有会を開催

NPO/NGO支援

2023.09.14

2023年度のPanasonic NPO/NGOサポートプロボノプログラムは、立候補した総勢28名が「フードバンク北九州ライフアゲイン」「ユニバーサル志縁センター」「兵庫子ども支援団体」「オリーブの家」「チームふくしま」の5つの支援先にわかれてそれぞれの取り組みを進めています。

99日には、6月末から開始している4チームがプロジェクト進捗状況の共有と、他のチームの取り組みからヒントを得ること、プロボノ参加者同士のネットワークを作ることを目的として進捗共有会を行い、24名が参加しました。

チームからの進捗発表後、プロジェクトチームではないランダムの4つのグループに分かれ自己紹介や、jamboardを使った個人ワークも含めながら、活動を進めるうえでの工夫点や課題点を共有しました。
工夫点として、プロボノメンバー間および支援先とのコミュニケーションの方法、チームミーティングや進捗管理ツールに関してなど、様々な情報がシェアされました。
課題点については、多種多様な意見やコメントが出ていましたが、解決の方向性をグループ内で話し合い、それらを全体共有しました。

今回の共有会で得られた、プロジェクトの効果的な進め方や課題解決策のヒントを活かして中間報告に臨み、最終成果物の納品に向けて取り組んでいただきます。

今後も皆で一緒に頑張って取り組んでいこう!というポーズで、記念撮影を行いました。

【ブログ用】プロボノ進捗共有会.png