出前授業 2022年度私の行き方発見プログラム ~千葉県 八千代松陰中学校~

学び支援

2023.01.26

私の行き方発見プログラムロゴ.png

「私の行き方発見プログラム」は、当社が企業市民活動として学校に提供している教育支援プログラムで、多種多様な役割を持って働くことを学び、自分らしい"行き方"を考える内容です。

2012年度から中学校を対象に教材を授業で活用いただいており、2017年度からは、当社社員が講師として学校に訪問して「出前授業」を行っていましたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、2020年度より従来の訪問に加え、オンラインによる出前授業をスタートさせました。

今年度も引き続き、訪問型・オンライン型の双方で出前授業を実施し、その内容をご紹介させていただきます。

行き方"とは、松下幸之助創業者が「よりよい人生を生きるための心構えや考え方」といった意味を込めて使用した言葉。】

 今回は、千葉県 八千代松陰中学校でのオンライン授業のレポートです。

 日  時 :20221129日(火)1440 1530
 学  校 :八千代松陰中学校
 生 徒 数: 233名(1年生)
 社員講師:パナソニック インダストリー株式会社  池田 祥子

 パナソニックインダストリー社 営業本部の池田です。

パナソニックのデバイス部門にて、営業DX(デジタルツールを用いてお客様への効率的なアプローチを行うこと)関連の仕事をしています。

池田さん.png

先生が司会進行を務めてくださいました。2回目のオンライン授業という事もあり、先生や生徒の皆さんと会話しながらスムーズに進行する事ができました。授業中は、6時間目とお疲れの時間だったという事でしたが、興味をもって画面を見つめて話を聞かれている様子、一生懸命に思いを伝えようと発表している様子が画面越しに伝わり、私自身も初心に帰る思いがしました。学生の皆さんがパナソニックという会社を知り、SDGsに興味を持つきっかけとなり、また、今を大切に過ごされ、将来の道を考えていくきっかけになればと終始感じながら、お話することができました。

 

Q&Aタイムでは、3名から質問をいただきました。

「パナソニックインダストリー以外に、パナソニックにはどんな会社があり、何をしていますか?」という質問には、各カンパニーの概要をご説明しました。すぐに出せる資料がありませんでしたので、あればよかったと思いました。

「学校の勉強が将来役立つと話がありましたが、一番役立った科目は何ですか?因みに理科はどう役立ちますか?」という質問には、自分の場合は営業企画職で発表・交渉・調整などの場面が多い為、文章表現力やコミュニケーション力を養うことができる国語が仕事の基本になっており、その意味で一番役立っていると説明しました。

また、社員アンケートでは、各教科それぞれ役に立っていると回答があったこともお伝えし、パナソニックはメーカーなので技術職の人が多いですが、理科は研究開発の基礎になっていると説明しました。

「今までで一番大変だった仕事は何ですか?」という質問には、入社当時のお客様担当営業時代、品質改善対応でお客様にご迷惑をかけないように対応することに苦労した話をお伝えし、若いうちから責任感のある仕事をさせてもらえ、大変だったけれども自身をとても成長させてくれたことを説明しました。

八千代松陰中オンライン授業の様子.png

【生徒のみなさんへのメッセージ】

授業をさせて頂きありがとうございました!授業はいかがだったでしょうか?
皆さんとオンラインでしたがお会いできてとてもうれしかったです。
また、画面を通して、皆さんが真剣に話を聞いて、考えて、発表している様子が伝わっていました。
パナソニックのこと、会社はSDGs(社会課題)に対して仕事を通じて取組でいること、実際のお仕事の内容、今の勉強が仕事に将来とても役立つということ、私が日ごろ感じていること、など、お話させて頂きました。皆さんが「今」を大切に過ごして、将来の夢をかなえられることを願っています。
ぜひ、周囲の働く人の話をたくさん聞いて、「私の行き方」を見つけて下さいね!

 

【生徒のみなさんから社員講師へのメッセージ】

・自分は将来の夢が結構決まっているのですが、中々人に言えませんでした。ですが、今回の講義を聞いて、みんなにもっと話してみようと思いました。

・私は今回の授業で、将来、電化製品の企画をしてみたいなと思いました。そして今習っている勉強が将来役に立つことがわかったので一生懸命取り組もうと思いました。

・将来の自分と向き合う大きなきっかけになりました。これからの勉強や学校での活動への取り組み方を見直すきっかけにも繋がりました。大変価値のある学習になりました、ありがとうございました。

・自分の将来について具体的に考えるきっかけになったし、自分の好きなことや得意なことをのばしていこうと思いました。すごく話も聞きやすかったし、特に中国が好きで留学に行き、今は中国語を活用してパナソニックのお客さんと商談をしていたりするということが印象に残っています。



<<関連サイト>>
私の行き方発見プログラム
中学校向けキャリア教育プログラム パワーアップ情報ファイル