出前授業 2022年度私の行き方発見プログラム ~東京都 国分寺市立第四中学校~

学び支援

2023.01.25

私の行き方発見プログラムロゴ.png

「私の行き方発見プログラム」は、当社が企業市民活動として学校に提供している教育支援プログラムで、多種多様な役割を持って働くことを学び、自分らしい"行き方"を考える内容です。

2012年度から中学校を対象に教材を授業で活用いただいており、2017年度からは、当社社員が講師として学校に訪問して「出前授業」を行っていましたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、2020年度より従来の訪問に加え、オンラインによる出前授業をスタートさせました。

今年度も引き続き、訪問型・オンライン型の双方で出前授業を実施し、その内容をご紹介させていただきます。

行き方"とは、松下幸之助創業者が「よりよい人生を生きるための心構えや考え方」といった意味を込めて使用した言葉。】

 今回は、東京都国分寺市立第四中学校でのオンライン授業のレポートです。

 日  時 :2022912日(月)1155 1245
 学  校 :国分寺市立第四中学校
 生 徒 数: 112名(2年生)
 社員講師:パナソニック エナジー株式会社  平野 克弥

パナソニック エナジーの平野克弥です。モビリティエナジー事業部の人事を担当しております。

平野さんの仕事.png

今回は、事前に先生からご希望をいただいていたので、授業の冒頭、写真を使って職場の様子を紹介しました。写真を多数用いたことで、文字や口頭で伝えることが難しい部分を視覚的に伝えながら授業をすることができたと思います。

授業前は、たいへん緊張しましたが、いざ、始まると、緊張よりも、一つでも生徒の心に残ることを発したいという想いに切り替わり、楽しみながら授業をすることができました。

受講してくれた生徒のみなさんは中学2年生で就職よりも進学のことを考えたい時期だと思いますが、この授業では、将来の事を一生懸命に考えていて、たいへん大人びて見えました。

国文四中授業の様子.png

Q&Aタイム」では、「なぜパナソニックを選択したのか?」、「成績は就職に重要か?」、「これまでの人生の中での価値ある失敗とは?」、「給料は?」などの質問がありました。

最後に代表の生徒さんからお礼の言葉をいただき、とても感激しました。

生徒のみなさんが、社会人以上に努力し、悩み、挑戦していることを目の当たりし、自分も、みなさんに負けないように頑張りたいと感じました。

 

【生徒のみなさんへのメッセージ】 

とことん本気でチャレンジしてください。行動を起こしてください。
本気の失敗には価値があります。全力で挑戦して、失敗して、その経験から多くの学びを得て、そしてあなたにとっての幸せをつかんでください。

 

【生徒のみなさんから社員講師へのメッセージ】

・学校での勉強が社会にどう生きるかということについてとても理解を深めることができた。日本の大学を中退してアメリカに行くというその決断力、行動力に心を打たれた。僕もアメリカの大学に行きたいと思っているので、先生の話はとても参考になった。自分の個性や能力を生かして、将来素晴らしい仕事に就きたいと思った。

・分かりやすくてとても参考になりました!楽しく学ぶことができました。特に、実体験を話してもらえたり、具体的にどの授業が働くうえで、何に活かすことができるのかを知れたことが嬉しかったです。

・「自分らしくいることを忘れずに、恐れずに」心に残る言葉はたくさんありましたが、私は特にこの言葉が心に残っています。人生は一度きりなのだから、人にいちいち左右されずに生活していこうと思います。また、たくさん挑戦をしようと思います。自分がその物事に最高の努力ができれば、結果がついてこなかったとしてもすごく価値のある経験になるということについて、自分の中での考えをより深めることができました。

・とても分かりやすかったです。みんな口をそろえて、「あの人に会いたいっ」と言っていました。

 



<<関連サイト>>
私の行き方発見プログラム
中学校向けキャリア教育プログラム パワーアップ情報ファイル