2021年度 出前授業 私の行き方発見プログラム① ~東京都 大田区立大森第六中学校~

学び支援

2021.08.05

私の行き方発見プログラムロゴ.png

「私の行き方発見プログラム」は、当社が企業市民活動として学校に提供している教育支援プログラムで、多種多様な役割を持って働くことを学び、自分らしい"行き方"を考える内容です。

2012年度から中学校を対象に教材を授業で活用いただいており、さらに2017年度からは、当社社員が講師として学校に訪問して「出前授業」を行っていましたが、昨今の新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、従来の訪問型出前授業の実施が厳しい状況となり、2020年度より従来の訪問に加え、オンラインによる出前授業をスタートさせました。

今年度も引き続き、訪問型・オンライン型の双方で出前授業を実施し、その内容をご紹介させていただきます。

【‟行き方"とは、松下幸之助創業者が「よりよい人生を生きるための心構えや考え方」といった意味を込めて使用した言葉。】

今回は、東京都 大田区立大森第六中学校で実施した訪問授業のレポートです。

 日  時:2021年6月30日(水)13:25 ~ 14:15
 学  校:大田区立大森第六中学校
 生 徒 数:96名(中学校 2年生)
 社員講師:パナソニック株式会社 ブランド戦略本部 コーポレート・コミュニケーション部 
        クリエイティブ推進室
        ヘイル ケイトリン
 職  種 :宣伝

20210630_1.jpg
パナソニックのヘイル ケイトリンと申します。米国出身で日本のパナソニックに就職しております。

パナソニックのブランド部門にて、会社全体のイメージを創るコーポレートブランディングに関わっております。「パナソニックって良い会社だね」と思っていただけるような、映像や広告、SNS等で発信されるコンテンツの撮影と制作に取り組む仕事です。

今年度は、オンライン授業が多く行われている中で、数少ない「訪問型授業」を実施させていただき、学校へ実際にお伺いする貴重な機会をいただきました。

人前で話すことが苦手ということもあり、しかも日本語が母国語ではないこともありますので、直前までは非常に緊張していました。しかし、先生と生徒の皆さんの暖かい歓迎と真剣に聴いてくださっている様子で、緊張感は一瞬で溶けていき、全力でお話する勇気をいただきました。

20210630_2.jpg

授業中には、生徒の「15年後になりたい自分」に関して考えていただく個人ワークと発表の部分がありました。時間の関係で、皆さんの前で発表できるのは数名だけでしたが、その時に聞いた生徒のお言葉が心に響きました。「人のために働きたい」「人を喜ばせたい」などの想いが、とてもストレートに発表されており、生徒の皆さんの「世界を良くしていきたい」という気持ちがとてもよく伝わりました。私は中学生のときに同じことが言えたのかな、と反省しながら、生徒の皆さんに強い感心を持ちました。

授業の最中に「Q&A」の時間を多めに確保することもでき、7人からも質問をいただきました。様々なテーマや観点からの質問がありましたが、「仕事のやりがいは?」や「小さいときにやりたかった仕事は?」は特に嬉しい質問で、授業中にも触れました、仕事の意義やモチベーションに繋がりました。そのときは、「人のために働きたい」という気持ちと、「ブランド部門での仕事を通して社員のモチベーションが上がったり喜んでくれたりするときにやりがいを感じる」ことについてお話させていただきました。

また、「どうやって日本語を勉強したのか」の質問もあり、日本語の習得に役に立ちましたマインドセットと勉強方法についても少し共有いたしました。

20210630_3.jpg

授業の最後には、私からのメッセージとして、創業者 松下幸之助のお言葉 「素直な心」 の想いについて少しお話させていただきました。生徒の皆さんには、多様多種な意見や新しい経験には常にオープンでいて、お互いから常に学ぼうとする想いを大切にしていただければと思っております。

あと、授業が終わりましたら、最後に生徒の代表の方から、御礼のメッセージをいただきまして、とても感動いたしました。メッセージにはほんの数分前に私が話した内容や言葉が含まれており、その場で準備していただいた言葉だと信じられないほど表情豊かなものでした。授業の内容と私が大事にしている想いが、生徒の皆さんに届いたようで、非常に嬉しかったです。

今回は私が「社員講師」として訪問させていただきましたが、大田区立大森第六中学校の生徒の皆さんからも多くの学びが得られ、感謝の気持ちが溢れています。1回目の出前授業で学んだことは、必ず2回目に活かし、皆さんにとって良い時間にできればと考えております。


【生徒から社員講師へのメッセージ】


・働くには、学ぼうとする想いや、コミュニケーション能力が必要な事が分かりました。
 これから何事も前向きに挑戦する事を頑張りたいと思います。

・働く時の大切な事、考え方について学ぶ事が出来ました。
 愛のあるチームワークやコミュニケーションは中学生の僕たちでも伸ばせることはあると思いました。

・仕事をする上で、素直な心とチームワークが大切という事なので、今は、勉強に一生懸命取り組んで、
 日頃からクラスメート達とチームワークを築いて、より良いクラスへと繋げていきたいです。
 そして、学校生活を全力で楽しみたいです。

・今までどのように考えればいいのか分からなかった自分の進路が、やりがいを感じる事のできる、
 自分に合った職業を考えればいいことが分かりました。教えて頂いた事を活かし、自分の可能性を
 広げていきたいです。

・これまでよく考えてこなかった職業について改めて考える事が出来ました。私も、将来人の役に立つ
 ような仕事に就けばいいなと思いました。

・今回の授業を通し、仕事に対する関心が高まり、相手の視点になる事や素直な心を持つ事の大切さが
 分かりました。どんな事にも前向きな姿勢で真剣に取り組んで行きたいです。

・僕は今回のようなプログラムはこれからもっと必要になってくると思うので、これからも、未来へ行く
 子どもたちのために頑張ってください。

<<関連サイト>>
私の行き方発見プログラム
中学校向けキャリア教育プログラム パワーアップ情報ファイル