2020年度 出前授業 私の行き方発見プログラム⑪~ 佐賀県 伊万里市立青嶺中学校 ~

学び支援

2021.01.15

私の行き方発見プログラムロゴ.png

「私の行き方発見プログラム」は、当社が企業市民活動として学校に提供している教育支援プログラムで、多種多様な役割を持って働くことを学び、自分らしい"行き方"を考える内容です。2012年度から中学校を対象に教材を授業で活用していただいており、さらに2017年度からは、当社社員が講師として学校に出向く「出前授業」を行っています。

今年度は当初予定では5月から関東・関西を中心に全国の中学校に社員講師がお伺いをさせていただく予定でしたがコロナウイルスの影響で実施を見合わせておりました。8月から初めての取り組みとして、オンラインでの授業を開始いたしましたので、その内容をお伝えいたします。

【‟行き方"とは、松下幸之助創業者が「よりよい人生を生きるための心構えや考え方」といった意味を込めて使用した言葉。】

第11回目は佐賀県 青嶺中学校からのオンライン授業のレポートです。

 日  時 :2020年11月13日(金)13:35~15:25
 学  校 :佐賀県 伊万里市立青嶺中学校
 生 徒 数: 35(2年生)
 社員講師:パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 芦田 優太さん
 職  種 :設計開発

カメラを通じて生徒に語り掛ける芦田さん.png
パソコンのカメラを通じて生徒に語り掛ける芦田さん




パナソニックの芦田です。パナソニックでノートPC・タブレットのソフトウェアを開発しています。

 準備を進めている時は、まず自分が学生時代に考えていたことに対して、社会人になって思うことを照らし合わせ、生徒の気づきになるようなメッセージが何かを考えました。また昨今の状況を鑑みオンライン授業となり、生徒の皆様の反応が十分把握できないことが予想され、なるべくゆっくりお話することを意識しました。

私の仕事.png
私の仕事としてノートPC・タブレットのソフトウェア開発の仕事内容を紹介しました。
ソフトウェアエンジニアの仕事内容と、パナソニックにはグローバルなフィールドで活躍することができることについて、海外出張中の実体験を交えて説明しました。



実際の授業を実施している際に感じたことは、青嶺中学校の皆さんは非常に積極的な生徒が多く、私の仕事内容にも非常に興味を持ち、多くの質問をしてくれました。ソフトウェアエンジニアやグローバルで働くことに関心を持っていただけて嬉しかったです。とても楽しく授業を実施することができました。

 印象に残ったのは、生徒の15年後のなりたい自分の発表内容です。

私が中学生のときは、ソフトウェアエンジニアとして仕事をしたいと明確な目標を持っていたわけではありません。しかし、発表していただいた生徒全員が、理由を添えて自身の目標を堂々と共有してくれたことに驚きました。この調子で目標に向けて邁進してほしいと思いました。

授業の最後に、中学生には限りない成長の可能性があるということをお伝えしました。今後の社会を担う中学生の持つ可能性や選択肢は無限大であると思います。それを限定したり、諦めたりすることなく、色々なことに興味を持って、楽しみながらチャレンジしていただきたいと思います。





【生徒から社員講師へのメッセージ】

・今の仕事に就いた経緯等についてのお話がとても印象に残っています。私はまだはっきりとした自分の将来の進路が決まってはいないのでその仕事の選択を少しでも広げられるようたくさん勉強をして視野を広げようと思いました。

・今回の出前授業でパナソニックがどんな会社なのかわかりました。これからいろんなことに挑戦してたくさんの経験が積めるよう頑張りたいです。日常での先輩との接し方をよくしたり、部活動に積極的に取り組んだりして、将来に役に立つような行き方をしていきたいと思います。

・今回の授業のおかげで将来への道が一気に開けたことがありました。本当はどの職業にしようかとか、どんなことができるのかいっぱい悩んでいましたが授業を聞いて大工になりたいという思いが前よりも高まりました。

・今回の出前授業を聞いて、私は保育士になりたいのですが、そのためには私の苦手なコミュニケーションを人ととることを克服して、大人になった時に子供と仲良くコミュニケーションがとれるようにがんばりたいです。

・私はお話を聞いて、今できることは全力で取り組み何事にも挑戦し続けて自分が目指す目標をたてて生活していきたいと思いました。他の人の道を進むのではなく、自分らしい自分の道を進んでいきたいと思いました。でもひとりでは迷うこともたくさんあると思うので、周りの人とも協力をしていけるようにしたいと思いました。私の夢は土木建築士になることです。でも家族は「女子やのにできるのかな」ととても心配していて1回あきらめました。でも今日のお話をきいて自分は自分が進みたい道に進んでいいんだ、と思いました。必ず土木建築士という仕事は女子には難しいかもしれないけど、かなえたいと思います。お話ありがとうございました。

・私は興味のある仕事はあるけど、はっきりとは決まってなくて、今日のお話を聞いてもっと絶対に自分の好きなことをやりたいことを仕事にして、人生を楽しみたいと思いました。今回はリモートで大変だったと思うけど教えてくれてありがとうございました!





<<関連サイト>>
私の行き方発見プログラム
中学校向けキャリア教育プログラム パワーアップ情報ファイル