Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本:社員プロボノ「さをりひろばチーム」のマーケティング基礎調査プロジェクトがキックオフ

英語ブログ

日本:社員プロボノ「さをりひろばチーム」のマーケティング基礎調査プロジェクトがキックオフ

20140526 さをりキックオフ.jpg

パナソニックの社員が仕事のスキルや経験を活用して、チームを組んでNPOを支援するボランティア活動「Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」。
2014年度の活動がスタートし、5月26日に社員プロボノ「さをりひろばチーム」がNPOとキックオフミーティングを行いました。

20140526 さをり団体写真.jpg▼Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム


「さをりひろばチーム」はパナソニックの社員6名で構成され、個性を尊重する新しい手織り「さをり」の活動を通して、障がい者や高齢者など社会的に弱い立場の人々の社会参加や生活向上に寄与することを目的に活動している「NPO法人 さをりひろば」のマーケティング基礎調査支援に約5ヶ月間取り組みます。

キックオフミーティングには、「NPO法人 さをりひろば」の代表理事や理事、事務局長、関係者と、パナソニックプロボノチームが初めて顔を合わせ、さをりひろばの活動、現状と課題、今回のプロジェクトの目的などの共有をはかりました。
20140526 さをり見学.jpg代表理事の城さんから「さをり」の根底にある理念について説明があり、NPOの皆さんから活動に対するご自分の思いを紹介いただきました。

今回のプロジェクトでは、「さをり織」を使ったメンタルヘルス事業や就労支援などの新規事業の可能性についてマーケティング基礎調査を行います。

キックオフミーティングの後は、NPOを取り巻くステークホルダーへのヒアリングをはじめ、事業環境・市場環境について調査し、調査内容をまとめてご報告するとともに、今後の事業展開について議論するワークショップを開催します。

2014年度の「Panaasonic NPOサポート プロボノプログラム」では、パナソニック社員プロボノチームでNPO3団体の支援を予定しています。今月「さをりひろばチーム(マーケティング基礎調査支援)」、「CAPセンター・JAPANチーム(ウェブサイト再構築支援)」の2チームがNPOの事業展開力の強化に向けて本格的に活動を開始しました。さらに1プロジェクトを発足させる予定です。また、7月には福島県で復興支援に取り組むNPO5団体に短期集中型でプロボノ支援を行う「プロボノ TO ふくしま 2014」を実施します。

20140526 さをりタイトル.jpg


ページの先頭へ