パナソニック・ホーム パナソニックEWネットワークス > Solutions > ソリューション コラム記事一覧 > 工事不要の屋外用防犯カメラとは? 注意点や選び方も解説

工事不要の屋外用防犯カメラとは

防犯カメラを動かすには、電源と配線が必要となります。屋外に防犯カメラを設置する場合は、工事をして配線をつなぎ、設置する機種が多くありますが、最近では、工事不要の防犯カメラも販売されています。

工事不要の屋外防犯カメラは、電源をバッテリー式に、配線をワイヤレスにすることで、工事をすることなく導入することが可能です。

工事不要の屋外用防犯カメラの種類

工事不要の屋外用防犯カメラには、いくつか種類があります。ご紹介していきましょう。

Wi-Fiで映像データを伝送できるカメラ

屋外に設置する防犯カメラには、映像データを伝達するためにケーブルの配線が必要です。配線には、壁や天井などに穴を開ける工事が発生しますが、Wi-Fiを利用して映像データを送れる防犯カメラなら、工事はいりません。

Wi-Fiを利用した防犯カメラを利用するには、ご家庭にWi-Fi環境が必要となります。また、スマートフォンやパソコン、タブレットなど、映像データを確認する端末も用意しましょう。

内蔵バッテリータイプのカメラ

コンセントを必要としない防犯カメラに、内蔵バッテリータイプがあります。内蔵バッテリータイプの防犯カメラは、充電したバッテリーを使うことで、電源を入れられ、録画することができるのが特徴です。また、映像の記録メディアは、SDカードを利用します。よって、コンセントコードやケーブルなどが必要なく、カメラが倒れないように固定するだけで設置ができて便利です。

電池式カメラ

屋外で利用できる防犯カメラには、電池式のものもあります。こちらも内蔵バッテリータイプ同様、コンセントなどの電源、コードやケーブルが必要ないので工事などが必要なく、手軽に設置できます。

工事不要の屋外用防犯カメラのメリット

工事不要の屋外用防犯カメラには、どのようなメリットがあるのでしょうか。見ていきましょう。

Wi-Fiで映像データを伝送できるカメラのメリット

Wi-Fiで映像データを伝送できるカメラのメリットは、スマートフォンやタブレット端末からも閲覧できることです。そのため、家から離れた場所からでも、防犯カメラの映像を確認できます。また、録画装置などのシステムも不要なため、装置費用コストを抑えられるのも良い点です。

Wi-Fiで映像データを伝送できるカメラのメリット

内蔵バッテリータイプのカメラのメリット

内蔵バッテリータイプは、電源であるバッテリーを充電することで何度も使えるため、コストが削減できるのが最大のメリット。また、コンセントの位置を気にせず、どこにでも設置できます。

電池式カメラのメリット

電池式の防犯カメラは、電源をつなぐ配線が不要なので、簡単に設置でき、購入後すぐ使えるのがメリットです。工事不要なため、工事費用も発生せず、低コストであることもポイントでしょう。

工事不要の屋外用防犯カメラのデメリット

工事不要の屋外用防犯カメラは、設置が楽で便利ですが、デメリットもあります。設置する際は、デメリットも理解しておきましょう。

Wi-Fiで映像データを伝送できるカメラのデメリット

Wi-Fiを利用した防犯カメラのデメリットは、Wi-Fiを妨害される可能性があることです。昨今では、Wi-Fiを妨害する装置が一般的に販売されており、その装置を使うと、カメラの録画が止まってしまうことがあります。

また、Wi-Fiは壁などの障害物があると繋がらない、途切れるなどの不具合が生じることもあります。そのため、防犯カメラを設置した場所にきちんとWi-Fiが届くかどうかの確認、届かない場合には中継器などが必要になるケースもあります。

さらに心配なのは、知らぬ間にWi-Fiを利用されてしまう可能性があることです。パスワードを知られると、Wi-Fiを勝手に使われたり、最悪の場合個人情報が流出することもあるので、十分な注意が必要です。

内蔵バッテリータイプのカメラのデメリット

内蔵バッテリータイプのカメラは、頻繁にメンテナンスをしなければならないのがネックです。定期的にバッテリーを交換しなければなりませんし、SDカードも常時録画で使用する場合は1年程度で交換が必要となります。ただし、昨今では交換式の大容量バッテリーを内蔵するタイプもありますので、購入する際に確認するとよいでしょう。

電池式カメラのデメリット

電池式カメラのデメリットも、電池切れした場合には交換が必要となります。また、やや画質が劣る傾向があるのもデメリットといえるでしょう。

工事不要の屋外用防犯カメラが活躍している事例

工事不要の屋外用防犯カメラは、どのような場所やシーンで活躍しているのでしょうか。ここでは、工事不要の屋外用防犯カメラが使われている事例をご紹介していきます。

いたずら被害が連続して起こる場所への設置

工事不要の屋外用防犯カメラが活躍している場所のひとつに、いたずら被害が連続して起こる場所への設置があります。

工事不要の屋外用防犯カメラの特徴は、コンパクトで、どこにでも設置できます。そのため、いたずらをする犯人に気づかれずに犯行を録画できるのです。実際に屋外用防犯カメラを設置して、1週間以内に犯人を特定できたケースもあります。

工事不要の防犯カメラなら、設置場所を気軽に変えられるのも良い点でしょう。同じ敷地内の別の場所に被害があった場合には、そちらに防犯カメラを設置しなおすことも可能です。

野生動物被害

野生動物被害にも、工事不要の屋外用防犯カメラが役立ちます。野生動物被害には、田畑に侵入して農作物を食い荒らす被害や、屋根裏や床下、倉庫などへの侵入被害などがあります。こういった動物に対し、防犯カメラで映像を録画しておけば、動物の動きを観察でき、対策を練ることにつながります。

工事不要の屋外用防犯カメラには、ほとんどの場合動体センサーや赤外線センサーがついているので、動き回る動物を逃すことなく、ピンポイントで録画できるのもメリットです。

防犯カメラに関するお問い合わせはこちら

「パナソニックEWネットワークス」では、高精細・高画質のネットワークカメラを中心に、お客様のニーズ、ご要望に合わせ、最適なネットワークカメラ・レコーダを選定し、システムを構築します。運用をサポートするカメラシステム向けネットワーク構築もお任せください。

工事不要の屋外用防犯カメラを活用しよう

工事不要の屋外用防犯カメラは、場所を選ばずどこでも設置でき、手軽で低コストなのがメリットです。電池やバッテリー、SDカードの交換など、メンテナンスが必要なケースもありますが、いたずら被害や動物被害などに役立ちます。特徴を理解した上で、工事不要の屋外用防犯カメラをうまく活用しましょう。

関連記事はこちら

パナソニック・ホーム パナソニックEWネットワークス > Solutions > ソリューション コラム記事一覧 > 工事不要の屋外用防犯カメラとは? 注意点や選び方も解説