パナソニック・ホーム ライフソリューションズ社 > パナソニック汐留美術館 > 展覧会情報 > サーリネンとフィンランドの美しい建築 展

サーリネンとフィンランドの美しい建築 展

サーリネンとフィンランドの美しい建築 展

「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」ご来館にあたって

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため予約サイトでの日時指定予約にご協力をお願いします。

  • 来館枠を予約する仕組みです。入館料は来館時に受付にてお支払いください。
  • 電話や美術館受付での予約はお受けできません。

展覧会概要

美しい森と湖で知られる北欧の国フィンランド。日本でもファンの多いフィンランドのモダニズムの原点を築いたのがエリエル・サーリネン(1873-1950)です。サーリネンはヘルシンキ工科大学在学中に出会ったゲセリウスとリンドグレンと共同で設計事務所を設立し、1900年パリ万国博覧会フィンランド館の建築が好評を博して、みごとなデビューを果たします。初期の作風は、ナショナル・ロマンティシズムと称される、アール・ヌーヴォーの影響をうかがわせながらも民族の独自の文化的ルーツを表現した建築で、当時、独立を求めていたフィンランドの人々を鼓舞させるものでした。
3人はやがて、静かな自然のなかで暮らしながら協働し、芸術家たちと交流できる理想の生活の場として、ヴィトレスクをつくります。住宅、商業建築、公共建築、駅や都市のデザインと、次第に幅を広げていくサーリネンの設計活動は、20世紀前半の近代化と手を携えていました。その作風は、多様な文化を受け容れつつ民族のルーツを希求した初期のスタイルから、独自の形態を通じて新しいフィンランドらしさを提示しようというモダニズムへと展開します。
本展は、1923年の渡米までのフィンランド時代にスポットをあて、図面や写真、家具や生活のデザインといった作品資料の展示を通して紹介します。つねに革新を求めつつ、自然や風土に根ざし、光と陰影をとりこんで豊かな表情を見せるサーリネンのデザインは、生活のあり方を一歩立ち止まって考え直す時を迎えている今の私たちの心に深く語りかけるでしょう。

展覧会会期
2021年7月3日(土)~9月20日(月)
開館時間
午前10時~午後6時(ご入館は午後5時30分まで)
8月6日(金)、9月3日(金)は夜間開館 午後8時まで(ご入館は午後7時30分まで)
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、8月6日(金)の夜間開館を中止させていただきます。
休館日
水曜日、8月10日(火)~13日(金)
入館料
一般:800円、65歳以上:700円、大学生:600円、中・高校生:400円、小学生以下:無料 
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。ホームページ割引引き換え券はこちら
主催
パナソニック汐留美術館
後援
フィンランド大使館、フィンランドセンター、一般社団法人日本フィンランド協会、一般社団法人日本建築学会、公益社団法人日本建築家協会、港区教育委員会
協力
日本航空
企画協力
株式会社 キュレイターズ
会場構成
久保都島建築設計事務所

関連イベント

オンライン・ギャラリートーク「展覧会のツボ」動画配信(事前登録不要、無料配信)

配信日:
7月22日(木)お昼12時30分~ 約30分間、YouTubeプレミア公開後、午後1時30分までご視聴いただけます。
7月25日(日)午後3時~ 約30分間、YouTubeプレミア公開後、午後4時までご視聴いただけます。
7月27日(火)午後7時~ 約30分間、YouTubeプレミア公開後、午後8時までご視聴いただけます。

  • 担当学芸員よる作品解説を動画で公開します。
  • 事前収録した内容を配信いたします。3日間、同じ内容です。
  • 録画、録音、画面をスクリーンショット等でキャプチャーする行為、また、無断転用・複製は一切禁止いたします。
7月22日(木)お昼12時30分~
7月25日(日)午後3時~
7月27日(火)午後7時~

オンライン講演会 「1900年パリ万国博覧会フィンランド館―芸術家たちのネットワークと込められたメッセージ」

オンライン講演会 「1900年パリ万国博覧会フィンランド館―芸術家たちのネットワークと込められたメッセージ」

動画公開日時:2021年7月4日(日) 午前10時 ~7月6日(火)午後6時まで

  • 所要時間 1時間25分
  • 録画、録音、画面をスクリーンショット等でキャプチャーする行為、また、無断転用・複製は一切禁止いたします。

1900年パリ万博フィンランド館は、人と人との交流と多大な努力によって成功をおさめました。それは建築、工芸、デザイン、美術、音楽が一体化し、真のフィンランドらしさを表現する総合芸術作品となりました。偉大な成功を導いた芸術家たちの情熱的な連携のプロセス、そしてフィンランド館の建築と諸芸術に込められた意味を探ります。

講師
アンナ=マリア・ウィルヤネン氏(美術史家、フィンランドセンター所長) *通訳:岩井さやか

専門は美術史、特定関心領域は19世紀の芸術家コロニー、ソーシャル・ネットワーク、女性芸術家と女性のエンパワメント、芸術家の住居。オーボ・アカデミー大学修士課程修了(政治学・経済学専攻)ヘルシンキ大学にて博士号取得(美術史)。フィンランド国立美術館にて企画開発部門長などを10年間経験の後、UPMキュンメネ文化財団(ヘルシンキ)でエグゼクティブ・ディレクターを務めた。2018年より現職。2019-2020年、EUNIC JAPAN(欧州連合文化機関)代表。

Onnea! みんなで祝おうエリエルとエーロ、サーリネン親子の誕生日、8月20日!

エリエル・サーリネンと、ニューヨークのJFK国際空港TWAフライトセンターで知られる息子エーロ・サーリネンは建築家の親子。二人の誕生日は共に8月20日です。お誕生日メッセージをSNSで投稿しよう! 会場内にも特設撮影コーナーを設けます。
オンネア!(フィンランド語でおめでとうの意) #サーリネン誕生日 #サーリネン親子おめでとう

TwitterInstagramFacebook

展覧会図録のご案内

パナソニック汐留美術館発行の展覧会図録を紹介します。お求めの方法は「図録のお申込み方法」をご覧ください。

「サーリネンとフィンランドの美しい建築」

2,500円(税込)
会期 :2021年7月3日(土)~9月20日(月・祝)
発行年:2021年
発行 :株式会社キュレーターズ
B5変型判 縦230mm 横182mm 厚さ16mm 192ページ
ISBN 978-4-901745-31-4
一般書店やインターネットからもご購入いただけますが、販売価格が異なります。2,500円+税

このページの先頭へ