• ふれあい
    ふれあいの背景画像
  • ※演出上マスクを着用しておりません。
    いきいき
    いきいきの背景画像
  • ※演出上マスクを着用しておりません。
    つながり
    つながりの背景画像
  • 明日がはじまる空間に ziaino(ジアイーノ)
    明日がはじまる空間に ziaino背景画像
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
明日がはじまる空間に
「ジアイーノ」のある空間は、いつも洗いたて。空気はもちろん、手に触れるものまで、空間に清潔さが行き届くから。安心して、快適に、くつろいで。おだやかに人と関われる。張りのある日々をすごせる。明日に向かう心の力がわいてくる。この空間から、明日がはじまる。ご家庭、職場、お店や施設、世界中の空間に。「ジアイーノ」は次亜塩素酸 空間浄化技術で、明日がはじまる空間を、次世代の衛生空間を、これからも届けつづけます。

What’s「ジアイーノ」?

心地よいコミュニケーションが
生まれる空間の真ん中に。
「ジアイーノ」から、
世界のくらしをイキイキと。
空間に、清潔さを。の画像

空間に、清潔さを。

次亜塩素酸を用いた、独自の空間浄化
技術で、身の回りの菌やニオイを抑制。
次世代の衛生管理で、
キレイな空間と安心をお届けします。
ひとに、心地よさを。の画像

ひとに、心地よさを。

すがすがしさが感じられる空間で、
大切な人と過ごすひとときを、
もっと快適で心地よいものに
変えていきます。
社会に、活力を。の画像

社会に、活力を。

ココロもカラダも健やかにいられる
環境づくりで、人が集い、
活気あふれる空間を創出。
イキイキとした社会やくらしを支えます。
スマートフォン用の波の背景画像
  • 次亜塩素酸 空間浄化技術Technology

    空気を洗う「ジアイーノ」の「次亜塩素酸 空間浄化技術」はパナソニック独自のテクノロジー。ここでは「ジアイーノ」を支える4つのコア技術と、業務用や家庭用など、使用シーンに応じて最適化する技術をご紹介します。
  • 「ジアイーノ」商品一覧Products

    暮らしに合わせてさまざまなタイプが選べる「ジアイーノ」 。発売から長く愛されている業務用据置タイプ、お客様のご要望にお応えして誕生した家庭用タイプ、さらに2022年には天井埋込形が「ジアイーノ」ファミリーに仲間入り。豊富なバリエーションで、シーンを問わず快適空間をご提供します。

納入事例紹介Case Studies

幅広いシーンで活躍する「ジアイーノ」

東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会では、
競技会場を含め、複数の関連施設で
「ジアイーノ」が稼働。
健やかな空間づくりで、活力あふれる
安心・安全な大会実現を応援しました。

今日も「ジアイーノ」は、
国内外のさまざまな場所で活躍中。
家庭用ご愛用者さまの声や、
業務用の納入事例などをご紹介します。

納入事例写真

「ジアイーノ」の名前の由来

「ジアイーノ」 は、
次亜塩素酸(じあえんそさん)の「zia」と、
革新の「innovation」を組み合わせて
名付けられました。
「次亜塩素酸で空気を除菌・脱臭することで、
空質環境を革新する」という
「ジアイーノ」の使命を表しています。

シンボルマークに込めた想い

ziaino(ジアイーノ)のロゴマーク
「清潔で心地よい空間を提供することで、
人が集い繋がる活動的な暮らしを支えたい」
という想いを、躍動感のある波線や、
伸び上がるようなドットで表現しています。
POINT1
波線で空気の流れ、3つのドットで
「ジアイーノ」の3つの特徴を表現しています。
  • 次亜塩素酸水溶液の電気分解生成
  • 吸引した空気と次亜塩素酸を接触させることで、浮遊菌を除菌
    ニオイ成分を分解する効果
  • 次亜塩素酸を揮発させ、付着菌を除菌する効果
POINT2
大切な人が安心して過ごせる空間をつくりたい、施設を利用する方に安心・快適な空間をご提供したい、という思いやりとおもてなしの心から、漢字の「心」を意識してデザインしています。
  • ●写真、イラストはすべてイメージです。
  • ●使用中に身体に異常を感じたときは、直ちに使用を中止し、医師にご相談ください。
  • ●実使用空間での実証効果ではありません。使用環境・お部屋の条件により効果は異なります。
  • ★:浮遊菌の場合。約6畳の密閉空間における、約20分後の効果※1
  • 付着菌の場合。約18畳の居室空間における、約12時間後の効果※2
  • ※1:【試験機関】一般財団法人北里環境科学センター【試験方法】約6畳の試験空間で浮遊菌数の変化を測定【除菌の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機(F-MV4300)を風量「強」・加湿「標準」・電解強度「強」運転で実施【対象】浮遊した菌【試験結果】約20分で99%以上抑制〈試験番号〉北生発2020_1737号
  • ※2:【試験機関】一般財団法人北里環境科学センター【試験方法】約18畳の居室で、室内中央と室内奥に置いたシャーレに付着させた菌数を測定【除菌の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機(F-MV4300)を風量「強」・加湿「標準」・電解強度「強」運転で実施【対象】シャーレに付着した菌【試験結果】約12時間で99%以上抑制〈試験番号〉北生発2020_0740号