社長メッセージ

代表取締役社長 嘉正 安記

代表取締役社長 嘉正 安記

パナソニック デバイスSUNX九州は、
南さつまの企業市民として地域社会に貢献し、
世界を目指します。

パナソニック デバイスSUNX九州株式会社は、サンクス株式会社(現:パナソニック デバイスSUNX株式会社)のモノづくり中核拠点として昭和58年(1983年)に設立され、現在は、パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社の一員として、ファクトリーオートメーションを支えるグローバル企業として事業を牽引しております。
当社が生産する多彩なセンサ製品は、主に製造ラインと社会インフラの自動化、省力化に貢献し、日本を含めた世界30ケ国以上で販売され、世界のお客様から高い評価と信頼をいただいています。

今日、暮らしと産業の自動化、IoT化が進む中、あらゆる分野で、より一層の便利さ、安全性、快適性が求められ、私たちが持つ多彩なセンサ技術と製品の需要は高まる一方です。「企業は社会の公器である」の理念のもと、今後も、お客様の御期待に応え、更なる満足を獲得し、共に発展・成長していくために、私たちは、新しい技術・製造工法を開発し、企業改革を推進して参ります。

当社は、これからも南さつまの企業市民として地域の皆様と共に成長を続けてまいります。
今後とも、地域の皆様の温かいご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。