ZEBとは


ZEB(ゼブ)とは、Net Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の略称で、快適な室内環境を実現しながら、建物で消費するエネルギーをゼロにすることを目指した建物のことです。

従来の建物で必要なエネルギーを省エネと創エネで100%以上削減

基準値に対する一次エネルギー消費量削減率


4段階のZEB


ZEB Oriented(ゼブオリエンテッド):[定義]ZEB Readyを見据えた建築物として、外皮の高性能化及び高効率な省エネルギー設備に加え、更なる省エネルギーの実現に向けた措置を講じた建物[基準]延床面積が10,000㎡以上の建物。一次エネルギー消費量を30%以上または40%以上削減を実現している建物

ZEB Ready(ゼブレディ):[定義]『ZEB』を見据えた先進建築物として、外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備えた建築物[基準]一次エネルギー消費量の50%以上削減を実現している建物

Nearly ZEB(ニアリーゼブ)[定義]『ZEB』に限りなく近い建築物として、ZEB Readyの要件を満たしつつ、再生エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量をゼロに近付けた建築物[基準]一次エネルギー消費量の50%以上削減+創エネで75%以上削減を実現している建物

ZEB(ゼブ):[定義]年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの建物[基準]一次エネルギー消費量の50%以上削減+創エネで100%以上削減を実現している建物

※1WEBPROにおいて現時点で評価されていない技術。

※2削減率30%以上か、40%以上が必要かは、建物用途による。


ZEBを実現するための技術


ZEBを実現するための技術は、大きく「エネルギーを減らすための技術(省エネ技術)」と「エネルギーを作るための技術(創エネ技術)」に分けられます。さらに省エネ技術は、「建物内の環境を適切に維持するために必要なエネルギー量(エネルギーの需要)を減らすための技術(パッシブ技術)」と「エネルギーを効率的に利用するための技術(アクティブ技術)」に分けることができます。

【創エネ】再生可能エネルギーを活用する:太陽光発電、風力発電 など 【省エネ:アクティブ技術】エネルギーを無駄なく効率的に使う:高効率照明、高効率空調、省エネ換気機器 【省エネ:パッシブ技術】必要なエネルギーを減らす:日射遮蔽、外皮性能向上、昼光利用 など

ビル内設備イメージ


ZEB化のメリット


光熱費の削減

室内環境の質を維持・向上しつつ、光熱費を削減できます


不動産価値の向上

環境に配慮した建築物を求めるテナントや投資家が増えています


災害時の事業継続

災害等の事業継続性が向上します


テナント・執務者の知的生産性向上

心地よい室内環境を実現し、知的生産性向上が期待できます


ZEB実現のためのパナソニックの空調機

高COP対応タイプ


パッケージエアコン

商品画像:高COP対応タイプ パッケージエアコン

商品情報


ガスヒートポンプエアコン

商品画像:高COP対応タイプ ガスヒートポンプエアコン

WEBカタログ



ZEBの実績


パナソニック産機システムズは
2025年度に自社が受注するコンサルティング業務のうち、ZEBが占める割合を50%以上となるよう目指します。

2022年度ZEB受注実績

建物規模 件数
300㎡未満 0件
2,000㎡未満 1件
2,000㎡以上 0件

お問い合わせ


お問い合わせフォーム


関連リンク

ガスZEBポータル

ガスZEBポータル[日本ガス協会]