Panasonic Sports

パナソニック スポーツ > 現在のページは、野球 > の中の監督からのメッセージのページです。

監督からのメッセージ

パナソニック野球部 田中篤史監督


間もなく幕が上がる、第44回 社会人野球日本選手権大会。パナソニック野球部の陣頭に立つ田中篤史監督は、ユニフォーム姿で背筋を正し、ファンに向けて固く誓う。「創業100周年。節目の2018年に、われわれはもう一度、大舞台で勝負ができる。社の誇りを持って、全員の力で戦い抜きます」。

数字に表れない、粘りの価値。

インタビューを受ける田中監督の写真

私が追求するのは『迫』の一文字です。スマートに野球をやる必要はないし、若い選手も遠慮をしなくていい。都市対抗の後に監督に就任し、まず選手に伝えたのは「気迫のあふれる、活気のあるチーム」を目標とすることです。中堅、ベテランの選手は、私が現役だった2015年まで一緒にプレーをしたメンバーですが、彼らにも率先してグラウンドで大きな声を出してくれと頼んでいます。5mしか届かないような声では、チームを鼓舞できません。10m、20mも届く気迫があふれた一言は、自チームを元気づけるだけでなく、試合の中で相手へのプレッシャーにもなるのです。

日本選手権に出場するチームはいずれも強豪ですし、エース級にはいいピッチャーしかいないと思ったほうがいい。そんな投手に気分よく投げさせたら、いいボールをどんどん投げ込まれて何もできなくなる――。投手出身の私は、攻撃もそうした投手心理から考えます。バッターボックスも、塁上からも、ベンチからもプレッシャーをかけ続ければ、いくら好投手でも、手元が狂うことがあるかもしれない。何かできないか、意識すれば自然と相手に圧がかかっていきます。

粘り、食らいつくバッティングに期待粘り、食らいつくバッティング

今年の戦いを振り返ってみると、打線には長打力の魅力があり、つながりと集中打も出てきました。ただし課題は、序盤から調子が悪いときに攻撃が淡泊になってしまうこと。悪いなら悪いなりにどう粘っていけるか、食らいついていけるか。相手に球数を投げさせるようなしつこさ、しっかりとスイングする迫力、あるいは隙があればセーフティーバントの構えをするような揺さぶり。バッターには、そうした打率の数字に表れない部分で、工夫を求めています。バッティングは「打って3割」と言われます。アウト一つにも、食らいついていく姿勢があれば、周囲に勇気を与えてくれるのです。

徹底した準備、意識の積み重ね。

若手ピッチャーの台頭に期待若手ピッチャーの台頭に期待

投手陣では、若手の台頭を楽しみにしています。ベテランの藤井を除けば、他は横一線。若い投手にとって日本選手権は大きな目標です。まずは自チームでの闘い。今はチャンスだと声をかけてきましたが、選手らもよく自覚していますし、ブルペンに並んで素晴らしいボールを投げ込んでいます。あとは経験。どんなにブルペンで良くても、本当の力は本番のマウンド上でしか表現できません。例えばブルペンで145km、本番が140kmならば、そのピッチャーの実力は後者。練習どおりのボールを試合で見せてほしいですね。一方で、厳しく言い続けているのは、打たれた後のカバーリングなど基本の動作です。常に怠らずに準備すること。その意識を徹底させています。

エースの藤井には、自分のコンディションはもちろんですが、若手のバックアップを頼むとも伝えています。また、投手コーチだった私の後任は、現役の金森が兼任しています。彼はプロの経験もあって引き出しが多く、技術・メンタルともに選手の育成には頼もしい存在です。コーチ陣には「めったに起こらないプレー。しかし、起こるかもしれないプレー」をつぶすように指示しています。例えば、挟殺プレーにしても、ランナーが定石とは異なる動きをするかもしれない。小さな可能性を見逃さないように、想定外を一つひとつ丁寧につぶすことが、監督・コーチ陣の役目です。

選手とベンチが同じ感覚を持つチームに選手とベンチが同じ感覚を持つチームに

長い目でみれば、私が究極の理想とするのは、ノーサインで野球ができるチーム。もちろん、サインを出さない試合はありえないのですが、「こう考えるはずだ」と、選手とベンチが同じ感覚でプレーできる。これが私の目標です。そのために、選手一人ひとりと個別に話をするように実践しています。堅苦しい話は抜き、そこにはノートも持ってこなくていい。プライベートな話題も本音で語り合うし、私への呼び方も今までどおり「アツさん」でいいぞと。それでも、監督の肩書に少なからず壁は感じますし、その壁を少しでも低くして、選手と深く分かり合える関係を築きたいと思っています。

チャレンジャーとして戦う。

新しいパナソニックの野球を目指す新しいパナソニックの野球を目指す

私は2003年の入団から15年まで現役でプレーをして、引退後はコーチの任をいただきました。13年間の投手時代は、エースと呼ばれる投手に続く2番手、あるいは中継ぎ・抑えの役割で選手生活を過ごしました。たくさんの選手を見てきましたし、その中でいつも考えてきたことは「自分がいま、チームにとってどんなピースであるべきか。どこにはまれば、パナソニックがいい形になるだろうか」でした。いま、私に期待されているのは、近年の監督とは異なる「生え抜きの投手」というプロフィールであり、新しいパナソニックの野球をつくること。それが使命です。

インタビューを受ける田中監督の写真2

創業100周年の節目に、こうしてパナソニック野球部として戦えることを光栄に思います。この場をお借りして、いつも応援をくださるファンの皆さま、野球に没頭できる環境を与えてくださっている社員の皆さまにチームを代表して御礼を申し上げます。大舞台、日本選手権に挑戦できる――。私たちはチャレンジャーです。選手権に出場できる喜びと皆さまへの感謝の気持ちを胸に、全員がどこまでも泥臭く、どんな場面にも我慢強く戦います。ご声援をどうかよろしくお願いいたします。

(取材日:2018年10月16日)

勝機は自ら引き寄せる。
一戦必勝、どこまでも食らいつく。

2018年10月18日

いつも熱いご声援をいただきありがとうございます。
11月1日から第44回社会人野球日本選手権が開幕いたします。我々パナソニックの1回戦の対戦相手はNTT東日本となり、大会2日目の11月2日(金)18:00試合開始予定です。昨年の都市対抗野球大会の覇者であり強豪となりますが、チーム全員で粘り強く、歯を食いしばって全力でぶつかっていきます。一戦必勝を胸に創業100周年に華を添えるべく攻める気持ちを持ち続け戦います。是非京セラドームに足を運んでいただき選手たちへご声援よろしくお願いいたします。

2018年7月27日

この度野球部監督に就任いたしました田中篤史です。
創業100周年という記念の年に都市対抗優勝という目標掲げて取り組んでまいりましたが、初戦敗退という不本意な結果に終わってしまいました。この敗戦を真摯に受け止め、個々の課題をしっかり見つめなおし秋の日本選手権ではファンの皆様に優勝のご報告ができるよう、粘り強い活気溢れる野球を披露いたします。
ファンの皆様には引き続きご支援ご声援の程どうぞよろしくお願い致します。

ページの先頭へ