温度センサ機能

温度センサをスイッチ本体2カ所に内蔵し、内部温度が設定温度を超えた時、異常を通知し、障害を未然に防止することが可能です。

1.スイッチ内部の温度をリアルタイムに計測、管理画面で内部温度の確認が可能
2.設定した温度の閾値を超えるとLEDが点滅し異常を通知
3.SNMP管理マネージャにトラップで異常を通知
4.システムログに異常を記録し、Syslogサーバへ転送が可能

構成図

対応製品

関連情報

関連機能

設定例

FAQ

製品機能説明。スイッチングハブを中心にネットワーク構築、セキュリティをトータルにご提供します。PoE給電機能付きスイッチングハブ(HUB)やセキュリティ商材、学校ICT構想向け等の製品情報をご覧いただけます。

ページトップへ戻る