パナソニック エコテクノロジーセンター

コンテンツ一覧
English
リサイクル技術の開発

PETECでは日々の活動から得た知見を活かし、
先進のリサイクル技術の開発・実用化にも取り組んでいます。

一歩先の未来を見つめた開発・実用化

パナソニックでは、限りある地球の資源を大切に繰り返し使う「循環型モノづくり」を進めており、その一環として、再生資源の使用拡大に取り組んでいます。
パナソニック エコテクノロジーセンター(PETEC)には開発部門が併設されており、パナソニックグループの研究・開発陣とも連携。リサイクルの現場で分かったことをもとに、使用済み家電に多く含まれる貴重な資源を効率よく回収・再生する技術を中心とした、新しいリサイクルの工法・設備化に挑戦しています。

3種類のプラスチックを同時選別できるリサイクル技術を開発

  • ・2010年に開発した近赤外線識別技術を用いた高精度樹脂選別システムを改良し、3種の樹脂(PP、PS、ABS)を同時に選別・回収できる技術を開発
  • ・各種樹脂を従来比3倍の処理速度、純度99%を超える精度で回収
  • ・この技術開発により、リサイクル樹脂の再利用を加速させる

プレスリリース:
3種類の樹脂を同時選別可能なリサイクル技術を開発

  • 高精度樹脂選別システムの内部

  • 3種類の樹脂(PP、PS、ABS)を高精度に同時選別

  • 種類別に分別回収され・・・

  • それぞれ単一のリサイクル樹脂として出荷

作業負荷に配慮しながらエアコンを解体処理する高効率リサイクルライン

  • ・自動搬送システムで安全に商品をラインへ運搬
  • ・従来、手作業で行っていた室内機の解体を、装置で切断、分解することで容易に
  • ・重量物の運搬は専用装置を使用し、作業者の負荷を軽減
  • 従来、手作業でビスを外していた室内機を切断装置に投入

  • ビスが集中している端部を切断、バラバラになった室内機を作業員がパーツごとに分別

  • 2階で解体した室外機パーツをシューター経由で1階回収ボックスへ

  • 重量物を運搬する作業負荷を減らし、効率よく回収、運搬

詳しくは「リサイクルの工程:エアコンのリサイクル」のページをご覧ください。

冷蔵庫をフルミックスで解体処理する高効率リサイクルライン

  • ・使用済み冷蔵庫の品番を読み取り、冷媒用ガス及び断熱発泡用ガスの種類を自動判別
  • ・ガス種タイプ(フロン系/ノンフロン系)に関係なくフルミックスに処理が可能
  • ・断熱発泡用ガスはフロン系/ノンフロン系各タイプ専用の破砕機で安全に処理が可能
  • ガス種タイプ(フロン系/ノンフロン系)別に自動判別・搬送

  • 専用の破砕機に自動投入。無人で安全に処理が可能

  • フロン系の使用済み冷蔵庫からは冷媒フロンを回収

  • 回収されたフロンは密封したまま専用の処理工場へ

詳しくは「リサイクルの工程:冷蔵庫のリサイクル」のページをご覧ください。

ななめドラム洗濯機をインラインで処理する高効率リサイクルラインを開発

  • ・今後増加が予想されるななめドラム洗濯機の処理に対応するため、インライン処理のできるラインに刷新し、日産処理能力向上を実現
  • ななめドラム洗濯機とタテ型洗濯機を同ラインで処理

  • 熟練スタッフたちによる効率的な流れ作業が実現

  • 家電の進化に合わせ、リサイクルの現場も柔軟に対応しています

詳しくは「リサイクルの工程:洗濯機のリサイクル」のページをご覧ください。

これらPETECの新技術や新工法のなかには、PETECが全国で初めて実用化したものもたくさんあり、こうした技術は特許化して広く公開されています。そのため、PETECの技術は国内のみならず海外の工場でもご活用いただいております。

endline
家電4品目「正しい処分」早わかり!
PETECのパンフレットをご覧いただけます。
日本語版中国語版英語版
PAGETOP

関連コンテンツ

  • PETECについて知る
  • 仕事や技術をみる
  • 家電リサイクルを学ぶ
  • 教育に活用する
  • 工場見学したい
  • 取材したい