Panasonic Sports

川村慎二監督 勇退のお知らせ

2020年05月12日

いつもパナソニック パンサーズに温かいご声援ありがとうございます。
この度、2019-20シーズンの終了をもちまして、川村慎二監督が勇退することとなりましたのでご報告申し上げます。

川村監督は、2001年にパナソニック パンサーズへ入団以来、13シーズンにわたり選手として活躍したのち、引退後すぐに監督として6シーズン指揮を執りました。

近年では史上初の3度目の3冠を獲得、リーグ2連覇を達成するなど監督として高い手腕でチームを勝利に導き、常に選手と共に高みを目指して戦ってまいりました。

パンサーズの発展に大きく貢献した川村監督に感謝するとともに今後益々の活躍を祈念しております。

なお、川村監督(選手時代含む)のこれまでの活躍をフォトギャラリーにて公開しておりますのでぜひご覧ください。

川村慎二監督 フォトギャラリー

川村監督 パンサーズ戦績
2014/15シーズン 
Vリーグ 6位/天皇杯 準優勝/黒鷲旗 ベスト4
2015/16シーズン 
Vリーグ 準優勝/天皇杯 ベスト8/黒鷲旗 ベスト8/アジアクラブ選手権 出場
2016/17シーズン 
Vリーグ 5位/天皇杯 ベスト8/黒鷲旗 準優勝
2017/18シーズン 
Vリーグ 優勝/天皇杯 優勝/黒鷲旗 優勝
2018/19シーズン 
Vリーグ 優勝/天皇杯 ベスト4/黒鷲旗 準優勝/アジアクラブ選手権 準優勝
2019/20シーズン 
Vリーグ 準優勝/天皇杯 中止/黒鷲旗 中止

川村監督のコメント

川村慎二監督

この度、選手として13年間、監督として6年間をパンサーズと共に過ごした生活に終止符を打つことになりました。
まずは、長年応援してくださったファンの皆様に心より感謝申し上げます。
監督となってから優勝できない苦しいシーズンが続き、応援していただいた皆様には非常に申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、いつも温かく支えてくださり何度も立ち上がって優勝を掴むことができました。
これまで目指してきた『誰が出ても勝てるチーム』のコンセプトを全員が体現してくれたと思っています。
また、今のパンサーズを築き上げたのは私だけの力ではなく周りで一緒に悩み、戦ってくれたスタッフ、選手、ファンの皆様であると確信しています。
そしてこのチームに誇りを持っています。
今後も世界を見据えてさらなる高みを目指したパンサーズへのご声援をよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

ページの先頭へ