2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 MEN レギュラーラウンド 第27戦

217日(土)13:05

away game

エントリオ
(豊田合成記念体育館)

パナソニック
パンサーズ
team ウルフドッグス名古屋

3

  • 25-23
  • 19-25
  • 25-17
  • 12-25
  • 16-14

2

試合詳細

写真:西田選手

2023-24V.LEAGUE DIVISION1 MEN第27戦が2月17日(土)にエントリオ(愛知県稲沢市)で開催され、パナソニックパンサーズ(以下、パンサーズ)はウルフドッグス名古屋と対戦した。

【第1セット】
ジェスキーのバックアタックで得点する幸先の良いスタートを切る。サイドを中心に攻撃を展開し、ジェスキーのサービスエースが決まり8-6でリードすると山内や深津のブロックなどでリードを保ったまま12-9でテクニカルタイムアウトを迎えた。その後も良い流れで点数を重ねていくが相手の粘り強いディフェンスが立ちはだかり15-16と逆転される。パンサーズは西田のサーブから連続得点を奪い、再び19-17の逆転に成功する。終盤まで一進一退の攻防が続いたが、最後まで集中力を切らさず25-23でセットを先取した。

【第2セット】
相手エースのサーブからサイドアウトが取れず、序盤は2-5でリードを許す展開となる。早い段階で追いつきたいパンサーズはサーブで攻めてチャンスを探るも相手のディフェンスと積極的な攻撃にリズムを崩されてしまう。ティリ監督はメンバーチェンジでミドルブロッカーをエバデダンから西川に交代、セッターは深津から新に代えて流れを呼び込もうと試みる。8-12のテクニカルタイムアウト後に新が不意を衝くツーアタックなどで得点を奪うがサーブミスが目立ち、なかなか活路を見出すことができず10-16となった。途中、ジェスキーや西川のサービスエースで反撃するも19-25でセットを奪われた。

【第3セット】
序盤から山内のクイックを使いリズムを作っていくと、厳しいマークに苦しんでいたジェスキーも得点していく。連続得点を奪ったパンサーズはディフェンスから大塚がバックアタックを決めるなどして序盤で9-5のリードを奪った。12-9でテクニカルタイムアウトを迎えると西田にサービスエースが飛び出して14-10の4点差リードにするが、相手のブロックに捕まり15-14と点差を縮められる。パンサーズは不調のジェスキーに代えて仲本を起用すると2本連続ブロックでチームに勢いをもたらす。西川もブロックで続いて一気に流れを持っていき、そのまま反撃を許さず連続得点を重ねて25-17でセットを取り返してセットカウントを2-1とした。

【第4セット】
勢いをつくった仲本が引き続き出場する。序盤にサイドアウトが切れず失点を喫すると、ミスが続き最大10点差を追いかける展開となった。パンサーズはメンバーチェンジでエバデダン、西山、新を使いながらリズムを変えようと試みる。相手の強烈なサーブとブロックの前に成す術無く、さらに失点を重ね苦しい展開が続き12-25でセットを落としてフルセットへ。

【第5セット】
そのまま出場していた仲本が最初のプレーでネットに取り付けられているカメラが頭上に落ちてくるアクシデントで負傷、ジェスキーが急遽出場した。悪い空気を断ち切るべく西田がブロックを撃ち抜くスパイクを決めると大塚も積極的に攻撃に参加していく。5-8の3点差を追いかける展開を我慢し続けると西田のサービスエースで10-10の同点に追いついた。お互いにサイドアウトを切る気の抜けない展開が続くと、12-12でティリ監督がタイムアウト、さらに13-14の場面でもタイムアウトを取り、気持ちと呼吸を整えた。パンサーズは大塚がサイドアウトを決め、ディフェンスからジェスキーの得点で逆転、そのまま逃げ切り16-14で激戦を制した。

パンサーズは26勝1敗、勝率0.96、通算78ポイント。
明日2/18(日)も、アウェイ(エントリオ)でウルフドッグス名古屋と対戦する。

ベストパンサー(VOM)西田選手のコメント

今日勝てたことは良かったですがまだまだ修正点がありますし満足いく結果ではないので、もっと自分たちが強くなれる努力をして良いバレーを展開できるようにしたいと思います。
ご声援ありがとうございました。

  • ※VOMとは、各試合で勝利に貢献した選手におくる個人賞「V.leaguer of The Match」

試合後のティリ監督のコメント

写真:ティリ監督

劇的な勝利でした!
今日はチームの調子の波が激しく、敗戦しそうになりましたが最後まで戦って勝ち取ることができました。非常に嬉しい勝利ですが、負傷した仲本選手が無事であることを祈ってます。
明日も応援よろしくお願いいたします。

試合後の西川選手のコメント

力のある相手なのでとても厳しい戦いになりましたが、勝ち切れたことはとてもチームにとって大きなことだと思います。明日はすぐに修正できるところは修正して、1点を取り切ることができなかったところは集中して得点できるようにしたいと思います。
応援よろしくお願いします。