2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 MEN レギュラーラウンド 第4戦

1029日(日)14:05

home game

パナソニック アリーナ

パナソニック
パンサーズ
team 東レアローズ

3

  • 25-13
  • 26-24
  • 21-25
  • 25-22

1

試合詳細

写真:ジェスキー選手

2023-24V.LEAGUE DIVISION1 MEN第4戦が、10月29日(日)にパナソニックアリーナ(大阪府枚方市)で開催され、パナソニック パンサーズ(以下、パンサーズ)は東レアローズと対戦した。

【第1セット】
4試合連続同じスターティングメンバーで臨んだパンサーズ。
エバデダンのクイックで1点目を奪うと山内のブロックも決まり、幸先の良いスタートを切る。その後、相手の高いブロックに阻まれ逆転を許すもエバデダンのサーブから西田のブロックなどで連続得点を奪い、12-8とリードを広げていく。中盤も17-12と連続得点でリードをさらに広げると、西田が5本目のブロックを決めて完全にペースを掴み、第1セットを25-13で奪取した。

【第2セット】
序盤からサーブとブロックで効果的にプレッシャーを与えると連続得点を奪って、試合を優位に運んだ。ジェスキーのサービスエースなどもあり、12-10でリードを保ったままテクニカルタイムアウトを迎えたが、相手の強いサーブとディフェンスに苦しみ14-15と逆転を許してしまう。パンサーズは流れを変えるべく、新と西山、仲本の3名をコートに送り込み20-20の接戦で終盤を迎えた。ここでエース西田のサービスエースが決まり、22-21の逆転に成功すると、お互いに点を取り合うデュースの接戦を制して26-24でセットを連取した。

【第3セット】
第2セットの勢いそのままに序盤から連続得点、ジェスキーのスパイクや西田のサービスエースでリードを広げるが、相手のブロックに捕まり連続失点。良いムードが一転して11-12で逆転を許して、テクニカルタイムアウトを迎えた。お互いに一歩も譲らない展開となり、山内のブロックなどで16-14とリードを再び奪った。しかし終盤に再び20-21で逆転され、西田が悪い流れを強烈なスパイクで断ち切るも相手の勢いを止めることはできず21-25でセットを奪われた。

【第4セット】
序盤から激しいラリーの応酬となり、相手のサーブに押されるも山本、大塚の安定したレシーブで失点を防いだ。山内のサービスエースで9-5とリードを広げるとジェスキーが落ち着いたプレーを続けて、12-7でテクニカルタイムアウトとなる。しかし、相手の攻めるサーブでプレッシャーをかけられ、思うように攻撃を組み立てることができず15-16で逆転を許す展開。パンサーズは新、西山の2枚替えや攻守で安定している仲本を投入してリズムを掴むとジェスキーのサーブから深津がナイスディフェンスでボールを落とさず連続得点を奪った。20-18で終盤を迎えるとジェスキーがもう一つギアを上げて得点を重ねた。最後は、反撃を許さず25-22で逃げ切り勝利を掴んだ。

パンサーズは4勝0敗で首位をキープ。(通算12ポイント)
来週は、アウェイ(松本市総合体育館)でVC長野トライデンツと戦う。

ベストパンサー(VOM)ジェスキー選手のコメント

勝てて何よりです。勝つのが一番大事ですが、課題を見つけることができました。チームとして勝ち方も学ばなければいけないと思うので、今日みたいに完璧な試合ではない中でも勝利できたことは大きな一歩です。
ご声援ありがとうございました。

  • ※VOMとは、各試合で勝利に貢献した選手におくる個人賞「V.leaguer of The Match」

試合後のティリ監督のコメント

写真:ティリ監督

勝利できて本当に嬉しいです。昨日よりさらにタフな試合になると予想していました。第1セットは簡単に取ることができ、第2セット以降は少し緊張感がなくなってしまい苦労しました。でも3-1で勝つことが大事です。
来週の試合はアウェイですが、応援よろしくお願いします。

試合後の大塚選手のコメント

今日も昨日も3-1で勝ち切れたということは良かったと思いますし、個人としてはパスの関係性も先週より良くなっています。スパイクにおいても良い部分があったと思います。今、練習の中でトライしていることを試合でも発揮できるようにすることを考えてプレーしているので継続していきたいです。誰が出ても結果を出せるチームだと思うのでチーム力を向上させてみんなで戦い続けたいです。
応援ありがとうございました!