2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN
レギュラーラウンド 第10戦

2021年11月14日(日) 14:05

パナソニック アリーナ

パナソニック
パンサーズ
team 堺ブレイザーズ

0

  • 24-26
  • 15-25
  • 31-33

3

試合詳細

写真:山内選手

V.LEAGUE DIVISION1レギュラーラウンド第10戦が11月14日(日)、パナソニックアリーナ(大阪府枚方市)で開催され、パナソニックパンサーズ(以下、パンサーズ)は堺ブレイザーズと対戦した。

『京阪コラボデー』として開催された昨日の第一戦は逆転で勝利を掴んだパンサーズ。
第1セットは序盤に連続失点をして追いかける展開が続いた。その中でもキャプテン山内のブロックポイント、深津のサービスエースなどで少しずつ流れを呼び込んで逆転に成功するが終盤の攻防を取り切れずセットを落とした。第2セットは序盤に連続失点で大量リードを許す展開となる。メンバーチェンジで流れを取り戻したいパンサーズは清水、渡辺、新、伊賀が出場するも断ち切ることができず15-25でセットを連取された。追い込まれた第3セットのスタートは清水、渡辺、山内、クビアク、新、小宮、L伊賀の布陣で臨む。サーブで少しずつ相手のペースを崩すもなかなか得点を奪えず追いかける展開が続いた。途中出場の清水も調子を上げて得点、チームに勢いをもたらすと途中から入った白澤がサービスエース。渡辺にもサービスエースが飛び出して逆転に成功。しかし相手も食らいつきデュースの接戦となった。粘り強く戦うも接戦の末31-33でセットを取られて敗戦となった。

パンサーズは6勝4敗で5位(通算20ポイント)。
次戦は11月27日(土)、28日(日)昨シーズンの王者サントリーサンバーズとアウェイ(大田区総合体育館)で対戦する。

試合後の白澤選手のコメント

ホームゲームでのご声援ありがとうございました。フローターサーブで崩されて攻撃が単調になったところを攻められてしまいました。昨日と同じように良い場面でのミス、拮抗した場面でミスが出ていたので修正していかないと今後のリーグ戦でも勝つことができないと思います。
チーム全員で高い意識を持って修正していきたいと思います。

試合後のティリ ロラン監督のコメント

写真:ティリ ロラン監督

今日の試合は、入りが非常に悪かったです。3セット目は私たちに流れが来たと思いましたが、逆転することができませんでした。
パンサーズへのたくさんの応援サポートは本当に力になります。ありがとうございました。 引き続き応援お願いします。

photo gallery