Panasonic Sports

パナソニック スポーツ > 現在のページは、バレーボール > の中のパンサーズについてのページです。

パンサーズについて

概要

チーム名 パナソニック パンサーズ
加盟団体 日本バレーボール協会
創設年度 1951年
本拠地 大阪府枚方市・パナソニック アリーナ
監督 川村 慎二 [ 監督からのメッセージ
タイトル 日本リーグ/Vリーグ (優勝6回、準優勝7回)
黒鷲旗 (優勝13回、準優勝12回)
天皇杯 -2007年以降- (優勝4回、準優勝2回)

設立・沿革

年度  
1951年 バレーボール部発足
1956年 全日本総合男子選手権大会(天皇杯) 優勝(初)
1960年 国内初の6人制バレーボール大会で優勝
1964年 東京オリンピック森山輝久選手出場 銅メダル獲得
日本バレーボール史上初 4大タイトル独占
(都市対抗、全日本総合(天皇杯)、国体、全日本実業団)
1967年 メキシコオリンピック 木村憲治選手 出場 銀メダル獲得
1968年 松下電器創業50周年
都市対抗バレーボール大会で優勝(3回目)
1971年 第5回日本リーグ優勝(初)
1972年 ミュンヘンオリンピック
木村憲治・野口泰弘・横田忠義3選手出場 金メダル獲得
1992年 チーム名改名『松下電器パナソニック パンサーズ』
1998年 第47回黒鷲旗全日本選手権大会(天皇杯)優勝(17年ぶり 7回目)
2006年 チーム名改名『パナソニック パンサーズ』
2007年 2007/08 V・プレミアリーグ優勝(初) (リーグ発足36年ぶり 2回目)
2008年 第57回 黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会優勝(10年ぶり 8回目)
平成20年度 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 準優勝(9回目)
2009年 第58回 黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会優勝(2年連続 9回目)
ワールドグランドチャンピオンズカップ2009(グラチャンバレー2009)
  宇佐美大輔・枩田優介・清水邦広・福澤達哉4選手出場 銅メダル獲得
  4大大会でのメダル獲得(32年ぶり)
平成21年度 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 優勝(11年ぶり 4回目)
2009/10 V・プレミアリーグ 優勝(2年ぶり3回目)
2010年 第59回 黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 優勝(3年連続 10回目)
日本バレーボール史上初 3冠達成
  (2009/10シーズン 天皇杯、V・プレミアリーグ、黒鷲旗)
2010アジアクラブ男子選手権大会 日本代表として出場 3位
2011年 平成23年度 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 優勝(2年ぶり 5回目)
2011/12 V・プレミアリーグ優勝(2年ぶり4回目)
2012年 第61回 黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 優勝(2年ぶり 11回目)
日本バレーボール史上初 2度目の3冠達成
  (2011/12シーズン 天皇杯、V・プレミアリーグ、黒鷲旗)
平成24年度 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 優勝(2年連続 6回目)
2012/13 V・プレミアリーグ準優勝(6回目)
2013年 第62回 黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 準優勝(11回目)
世界クラブ選手権大会2013 招待チームとして出場
平成25年度 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 ベスト4
2013/14 V・プレミアリーグ優勝(5回目)
2014年 第63回 黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 優勝(2年ぶり 12回目)
平成26年度 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 準優勝
2015年 2015アジアクラブ男子選手権大会 日本代表として出場
平成27年度 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 ベスト8
2015/16 V・プレミアリーグ準優勝(7回目)
2016年 平成28年度 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 ベスト8
2017年 第66回 黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 準優勝(12回目)
平成29年度 天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会 優勝(5年ぶり 7回目)
2017/18 V・プレミアリーグ優勝(4年ぶり6回目)
2018年 第67回 黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 優勝(13回目)
日本バレーボール史上初 3度目の3冠達成
  (2017/18シーズン 天皇杯、V・プレミアリーグ、黒鷲旗)

主要大会の出場歴・成績

大会名  
黒鷲旗全日本選手権大会 出場59回
優勝13回
(1964、1966、1968、1969、1973、1981、1998、2008、2009、2010、2012、2014、2018年)
準優勝12回
(1957、1958、1962、1965、1967、1970、1971、1995、1997、2000、2013、2017年)
天皇杯 出場59回
優勝7回
(1956、1964、1998、2009、2011、2012、2017年)
準優勝10回
(1965、1968、1969、1970、1971、1972、1997、2000、2008、2014年)
日本リーグ/Vリーグ
V・プレミアリーグ
出場42回
優勝6回(1971、2007、2009、2011、2013、2017年)
準優勝7回(1967、1968、1969、1970、1972、2012、2015年)
世界クラブ選手権大会 出場1回(2013年)
アジアクラブ選手権大会 出場2回(2010、2015年)

チーム名・ロゴマークの由来

ページの先頭へ