からだの保険のコラム

自転車を利用される皆さまへ 自転車事故の備えは大丈夫ですか?

<お知らせ>
『パナファミリー傷害保険』にご加入の方は、
「ご加入内容のお知らせ」の発行ができます

自転車保険の加入義務化の条例をご存じですか?

2013年に神戸地裁判決で損害賠償金約9500万円の判決がだされて以降、年々各自治体で、自転車利用者の賠償責任保険等への加入義務化が広がっています。

現時点で義務化が実施されている自治体にお住まいでなくても、自転車事故に備えることは大切な家族のために必要です。この機会に、賠償責任保険等の加入状況を確認しましょう。

なお、2021年10月時点の自転車保険の加入義務化の自治体は、以下の図に記載の通りです。
また、2021年10月からは愛知県、三重県、熊本県が条例により保険加入が義務化されます。

未成年のお子さまが運転する場合も保護者が加入しましょう。

→全国の自治体の案内はこちら

<都道府県別(都市含む)>
自転車の安全利用促進に関する条例の制定自治体

自転車事故の備えは十分ですか?
『パナファミリー傷害保険 [団体総合生活補償保険(標準型)]』は
ご家族の方も加入いただけます!

『パナファミリー傷害保険』は、自治体が定める条例(自転車利用者の賠償責任保険等への加入義務)に対応しています。
一斉募集時以外も毎月加入することができます。万一のために、ご家族の方の加入もご検討おすすめします。
補償の範囲など、詳しくは以下の各ページをご覧ください。

ご加入・ご検討の方はこちらからお手続きができます。

お手続きをご希望の場合は、必ず『制度説明書』にて詳細をご確認ください。

『制度説明書』(パナファミリー傷害保険のページ)へ進む

お申込みはこちらから

通勤・通学で、賠償責任保険に加入している証明書が必要な場合

【日常生活賠償補償】重複加入をチェックしましょう!

【日常生活賠償補償】は、色々な保険契約の「特約」として付帯されていることがあるため、重複加入になっていないかのチェックが必要です。

クレジットカードをお持ちの方は、カードの種類により付帯されている場合があります。

【参考】自転車利用者の賠償責任保険等の加入を義務とする全国の自治体
※以下の都道府県または都市名から、各自治体の運営されている公式ホームページへ進みます。

上記の内容は、パナソニックグループの従業員の皆さまに、
当社の福祉制度や各種サービスをご紹介するものですが、
今回の内容は、普段の生活でのお気づきや、お役に立ちましたか?

※このHPは保険の特徴を説明したものです。詳細は「制度説明書」をご覧ください。

  • この保険契約は共同保険に関する特約に基づく共同保険契約です。
    引受保険会社は、それぞれの引受割合または保険金額に応じ、連帯することなく単独別個に保険契約上の責任を負います。
    また、三井住友海上火災保険株式会社は、幹事保険会社として他の引受保険会社の業務および事務の代理・代行を 行います。 引受保険会社は以下のとおりです。(なお、引受割合については取扱代理店にお問い合わせください。)

※このページは2021年8月時点の情報に基づき制作しています。

引受保険会社:
三井住友海上火災保険株式会社 
東京海上日動火災保険株式会社 
損害保険ジャパン株式会社

契約内容の確認が簡単に!LINE公式アカウントから友だち追加しよう契約内容の確認が簡単に!LINE公式アカウントから友だち追加しよう
友達追加