会社沿革

1951年

朝日電器株式会社を設立
松下電器産業株式会社と資本提携を行い、蛍光灯照明器具の生産を開始

1954年 蛍光灯器具業界最初のJIS表示許可
1962年

大阪証券取引所市場第2部に株式上場
資本金1億1,000万円
本社工場が通産局長賞を受賞

1966年 本社工場が工業技術院長賞を受賞
1972年 照明器具の販路を松下電工株式会社に変更
1973年 社名を朝日ナショナル照明株式会社に変更
1990年

資本金を13億円に増資
三重工場竣工、操業を開始

1996年

本社(照明事業部門・システム事業部門)がISO9001認定取得
三重工場がISO9002認証取得

1998年 本社・三重工場ともにISO14001認証取得
1999年

松下電工株式会社の子会社、新潮プラスチック照明株式会社と合併
化成品事業部門(豊中・春日・新潟)がISO14001認証取得

2000年

三重県伊賀市ゆめぽりす伊賀に新本社が完成し操業開始

2002年

株式交換により松下電工株式会社の完全子会社となる
社名を朝日松下電工株式会社に変更

2006年 松下電工株式会社の住宅照明事業部との機能統合を実施
2007年

社名を松下電工インテリア照明株式会社に変更
群馬工場を完全子会社とし社名を朝日松下電工株式会社とする

2008年 社名をパナソニック電工インテリア照明株式会社に変更
2009年 次世代認定マーク(愛称:くるみん)取得
2012年

社名をパナソニック インテリア照明株式会社に変更
東京スカイツリーにLED照明を納入

2013年

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社の連結子会社、
パナソニック施設照明株式会社、パナソニック建装照明株式会社と合併
社名をパナソニック ライティングシステムズ株式会社に変更

2014年 本社を大阪府門真市(パナソニック(株)エコソリューションズ社内)に移転
2015年 門真本社と3工場(伊賀、春日、福井)の4拠点体制となる
2018年 パナソニックグループ100%出資会社が株主となる

ページの先頭へ