• share
  • Facebook
  • Twitter
PoE給電スイッチングハブ
PoE給電スイッチングハブ
PoE対応機器へケーブル1本でデータ通信と電源供給を行う
PoE給電スイッチングハブ。
PoE給電(PoE Plus給電)とは
  • PoE(Power over Ethernet)給電機能とはツイストペアケーブルで電力を供給できる機能です。PoE対応機器(無線アクセスポイント、ネットワークカメラ、IP電話等)のACアダプタ及び電源工事が不要となります。PoEには、PoE/IEEE802.3af(15.4W)・PoE+/IEEE802.3at(30W)・PoE++/IEEE802.3bt(90W)の3つの標準規格があります。
パナソニックのPoE給電スイッチングハブ
スイッチングハブの設置場所は屋外やメンテナンスがしにくい天井裏など様々です。パナソニックでは高温環境対応や静電気耐性強化、雷サージ耐性強化、埃・粉塵が発生する場所に対応するファンレスモデルなど、様々な環境で安定通信を確保するために豊富なラインナップをご用意しています。
開発時には耐熱試験、耐寒試験など様々な耐環境試験を行い、全数の出荷前検査を国内工場で行うなど高品質スイッチングハブの開発・評価、製造、出荷を行っています。
また、最大90Wの電力供給可能な新規格PoE++(IEEE802.3bt)に対応した製品や、天井を活用した天井埋込型PoE給電スイッチングハブなど新たなコンセプトの製品もご用意しています。
PoE給電とは
検証済み他社PoE機器
PoE給電スイッチングハブを探す

給電ポート数・種類で選ぶ

  • 7/8/9/10ポート給電

    PoE+ 1ポートあたり30Wまで(IEEE802.3at・IEEE802.3af)

     

    PoE 1ポートあたり15.4Wまで(IEEE802.3af)

     

    ページトップへ戻る

  • 4ポート給電

    PoE++ 1ポートあたり90Wまで(IEEE802.3at・IEEE802.3af・IEEE802.3bt)

    PoE+ 1ポートあたり30Wまで(IEEE802.3at・IEEE802.3af)

  • 天井埋込型(給電5ポート)

    最大PoE+ 1ポートあたり30.0Wまで(IEEE802.3at)

  • share
  • Facebook
  • Twitter