VRRP

VRRP(Virtual Router Redundancy Protocol)は、複数のL3スイッチのバックアップを行うためのプロトコルです。
VRRPは仮想のIPアドレスとMACアドレスを持つ仮想L3スイッチを作ります。外部からは、あたかも1台のL3スイッチが存在している様に見えます。
VRRPが動作している複数のL3スイッチのうちマスターとなっている1台が仮想L3スイッチのIPアドレス/MACアドレスを利用して動作します。他のL3スイッチはバックアップとして動作し、マスターがダウンした場合には仮想IPアドレス/MACアドレスを引き継いで仮想L3スイッチが存在し続けているように動作します。よって、端末は、仮想L3スイッチのIPアドレスをデフォルトゲートウェイとして登録すると、マスターがダウンしても他方のL3スイッチによって、通信を続けることができます。

構成図

対応製品

関連情報

関連機能

設定例

FAQ

製品機能説明。スイッチングハブを中心にネットワーク構築、セキュリティをトータルにご提供します。PoE給電機能付きスイッチングハブ(HUB)やセキュリティ商材、学校ICT構想向け等の製品情報をご覧いただけます。

ページトップへ戻る