VLAN / タギング(IEEE802.1Q)

  • ネットワークの仮想的(バーチャル)なグループ分けができます。
  • 複数のインテリジェントスイッチにまたがったVLANが構成できます(下図のVLAN2の場合)。
  • インテリジェントスイッチ間のVLAN通信が、ケーブル1本で実現できます。(従来、複数のスイッチにまたがるVLANを構成する場合、通信したいVLANの数だけスイッチ間をケーブルで接続する必要がありました。)
  • タギングは1ポートでも構成可能なので、VLANの数だけポートは必要ありません(下図)。

<実際の動作の概要>
タギング用のポートでは、その通信データの中に「タグ」と呼ばれるVLANの情報が含まれます。このデータをスイッチが受け取ると、どのVLANの通信かがわかるので、必要なVLANのポートに振り分けることができます。

構成図

このデータをスイッチが受け取ると、どのVLANの通信かがわかるので、必要なVLANのポートに振り分けることができます。

構成図

対応製品

関連情報

関連機能

設定例

FAQ

製品機能説明。スイッチングハブを中心にネットワーク構築、セキュリティをトータルにご提供します。PoE給電機能付きスイッチングハブ(HUB)やセキュリティ商材、学校ICT構想向け等の製品情報をご覧いただけます。

ページトップへ戻る