パナソニック・ホーム パナソニックLSネットワークス > 納入事例 > 一般財団法人近畿健康管理センター様

一般財団法人近畿健康管理センター様MNOシリーズ

健診クリニックの高速無線LANシステム用にPoE Plus給電機能付Switch-M5eGPWR+を納入

人間ドックや定期健康診断、生活習慣病予防健診を通じて、個人や事業所で働く方々の健康管理の向上と、様々な病気の未然予防、健康づくりをサポートする一般財団法人近畿健康管理センター様では、ドック受診者の利便性向上のため、タブレット端末によるペーパーレス問診システムを開発しました。
2013年1月から全国の健診クリニックにシステム導入が開始され、そのネットワークインフラである高速無線LAN用にPoE Plus給電スイッチSwitch-M5eGPWR+が採用されています。

 


新本社ビル


KKCウエルネス神戸健診クリニック
健診スタッフの皆様

総合企画本部
情報システム部 グループマネージャー
永尾英基氏
大阪事業部
KKCウエルネス神戸健診クリニック
チームマネージャー
三ア登志子氏
大阪事業部
総合健診グループ グループマネージャー
城月祐子氏
総合企画本部
情報システム部 第一チーム
北川晃浩氏

一般財団法人近畿健康管理センター
所在地:滋賀県大津市木下町10番10号
設立:1973年4月
職員数:503人(2013年4月1日現在)
事業内容:
巡回型各種健康診断・検査に関する事業、施設型各種健康診断・検査に関する事業、健康の維持・増進等の普及啓発に関する教育・相談・指導・支援及び調査研究


お客様の導入背景とご要望

  • タブレット端末によるペーパーレス問診システムを導入するためのネットワークインフラが必要 無線LANアクセスポイントは天井に設置したい
  • クリニック内に設置するネットワーク機器はバックヤードのHUBボックス内に設置する場合がある
  • 全国の事業部、健診クリニックに導入したい

弊社のソリューション

  • クリニック内を持ちまわるタブレット端末を安定的に接続するためのシングルチャネル無線LANを導入
  • 高速無線LANアクセスポイントには電源工事が不要なPoE Plus給電機能付のSwitch-M5eGPWR+を採用
  • 50℃対応で、空調がない場所にも設置が可能
  • 医療機器との電波干渉を避けるため、全国拠点のサーベイを実施

システム構成図

構成図

納入商品(スイッチングハブ)

終了品の場合は後継機を記載しています

関連商品(その他機器)

なし

ソリューション

納入事例。スイッチングハブを中心にネットワーク構築、セキュリティをトータルにご提供します。PoE給電機能付きスイッチングハブ(HUB)やセキュリティ商材、学校ICT構想向け等の製品情報をご覧いただけます。

ページトップへ戻る

パナソニック・ホーム パナソニックLSネットワークス > 納入事例 > 一般財団法人近畿健康管理センター様