パナソニック・ホーム パナソニックLSネットワークス

GA-MLシリーズ
キヤリア採用 私たちと一緒に働きませんか?ENTRY

スイッチングハブを探す

MOVIE

動画で知るパナソニックLSネットワークスのスイッチングハブ

  • IPアドレス
    簡単設定機能
  • 配線誘導
    雷サージ試験
  • スイッチングハブの
    品質への取り組み
  • ネットワーク/
    ソリューション展示会
  • SDカード
    ブート機能
  • 静電気耐性強化
    ESDシリーズのご紹介

SOLUTION

スイッチングハブで解決出来る用途別事例集

お知らせ・スイッチングハブ製品情報

        全て見る

ファームウェア情報

        全て見る

製品の種類・
使い方について
お気軽にご相談ください
保守サービスなど
お客様サポート情報は
こちらから
ネットワーク構築とは、パソコン、プリンタ、サーバ等のハードウェアを相互通信させ、データやシステムを共有する仕組みを構築することです。 同一のビルやフロア内に構築されたネットワークをローカルエリアネットワーク(Local Area Network)=LANと呼び、複数のビルなど他拠点間を結ぶネットワークはワイドエリアネットワーク( Wide Area Network )=WANと呼びます。 LANの中で接続端末が多くなると、集線・中継のためにスイッチングハブを使用して基幹ネットワークから分岐させます。パソコン等の通信端末とスイッチングハブをLANケーブルを使用せずに通信させる仕組みを無線LANといい、タブレット端末の普及とともに近年需要が高まっています。一方、データ通信の根幹をなす基幹ネットワークは通信断を防ぐために機器・経路を冗長化し、接続性を保つ必要があります。このようにネットワークを構築する際は、規模・用途はもちろん、利便性・信頼性・さらに拡張性を考慮した設計が重要です。 パナソニックLSネットワークスでは、スイッチングハブの開発製造とともに、ネットワーク構築の設計施工保守まで一貫したソリューションをご提供します。

パナソニック・ホーム パナソニックLSネットワークス