パナソニック・ホーム パナソニックLS創研 > 研修・教材 > 出張オーダーメイド研修> 低圧電気取扱業務 特別教育研修

低圧電気取扱業務 特別教育研修

労働安全衛生法第59条の規定による低圧電気取扱業務に関する安全又は衛生のための特別教育・法定教育で安全管理体制確立をサポート[出張開催のご案内]低圧電気取扱業務特別教育研修 実施義務が事業者にある法定教育です。安全衛生に関する正しい知識が、労災事故を未然に防ぎます。事業者に実施義務が定められた法定教育「職長教育」は、事業者の社会的責任、コンプライアンス遵守の観点からも必要です。

特別教育とは

労働安全衛生法 第59条3項では、「事業者は、危険又は有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければならない」と規定され、特別教育の義務付けがされています。特別教育を必要とする業務の中に、低圧電気工事も含まれます。低圧電路の敷設工事を行う場合には、電気工事士の資格だけでなく、特別教育が必要になります。(労働安全衛生規則第36条4)

研修のポイント

ポイント1

実習ボードを用いた実技7時間研修を行うので、労働安全衛生法で要求される実技時間を十分にクリア

1時間の実技研修は、開閉器の操作の業務のみを行う方が対象で、低圧充電電路の敷設等の業務に係る業務をする場合には7時間以上の研修が必要です。

ポイント2

防護用具も準備した実技研修ですので、専門の講師の指導のもと、安全な実技研修が受講できます

出張開催のメリット

○コスト削減(複数のお会社共同での開催可能)○利便性(希望日程場所での開催が可能)○サポート(「修了証」発行します!)

カリキュラム

[1日目 学科教育(7時間)]1オリエンテーション・講師挨拶、研修の目的と進め方・2低圧の電気に関する基礎知識・3低圧の電気設備に関する基礎知識・4低圧用の安全作業用具に関する基礎知識・5低圧の活線作業及び活線近接作業の方法・6関係法規・7質疑応答[2日目 実技教育(7時間)]1オリエンテーション・実技の概要と進め方・2実習ボード、工具、防護具などの説明・3各機材の確認方法、事前点検の方法・4作業前の注意徹底(感電・短絡等)・5防護具を装着した状態での作業実習(2人1組 ※最大12組まで)・6作業終了後、2日間を通しての質疑応答(修了証の発行:研修閉講後、安全手帳に実施研修名、日程、担当講師名を記載し、受講生へ )

※会場により開始時間、終了時間が異なる場合があります。

講師

豊田 正則 氏

パナソニック ライフソリューションズ創研
上席講師

豊田 正則 氏


お問い合わせ

パナソニック ライフソリューションズ創研株式会社
電材営業センター TEL:06-6907-5534



パナソニック・ホーム パナソニックLS創研 > 研修・教材 > 出張オーダーメイド研修> 低圧電気取扱業務 特別教育研修